タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

相羽純一が三重の野池を攻略――LOCALITY STYLE Vol.5

     バス釣り用ルアー, 動画  

DUOのレアリス Grade Aラインのオフィシャルムービー「LOCALITY STYLE Vol.5」は、相羽純一さんが三重県の減水した野池を攻略します。

スポンサーリンク

おかっぱりで1本でも多く釣るために

ポイントローテーション

野池の1級ポイント――インレットや岬、他とは底質が違う場所など――で1、2投でバイトがなければポイントを休ませてやる。ポイントを回った後や5分後、10分後にバスが入ってくるのを待ってからキャストしてやるとフレッシュなバスがバイトしてくる。ずっと同じポイントに投げ続けているとプレッシャーをかけてしまって1匹で終わってしまう。

ポイントローテーションできないとき

他の人がいてポイントのローテーションできない、同じポイントで投げるしかない場合は、弱い釣りに変更する。DUOのサポートを受けている相羽さんが弱い釣りで使うルアーは”レアリス スピンベイト60”と10月発売予定の”63プロトミノー”。I字系ルアーやライトリグでもいいと思います。

相羽さん的カラーセレクト

晴れているとき、光量が多いときはプレッシャーが高いので、光を通してシルエットを消してくれるような透けたようなカラーをセレクト。
曇っている(ローライト)とき、水が濁っているときは、光量がルアー自体まで届く距離が短いのでキラキラと光っているカラーをセレクトとしてバスにアピール。

相羽純一 デュオ/DUO LOCALITY STYLE ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

おすすめ記事&スポンサーリンク

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます