タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

メガバス「マグビート」の夜明け!マグドラフトとはここが違う!

ダークナイト(バットマン)のセットをそろそろ買おうかなと思ったら、記憶よりもかなり高くなっていて絶望したものです。こんばんは。

今回はMegabass(メガバス)から新たに発売となるスイムベイト「MAGBEAT(マグビート)」を、水中でのアクションが確認できる動画と共に紹介します!

スポンサーリンク

メガバス「MAGBEAT(マグビート)」

メガバス「マグビート」の夜明け!マグドラフトとはここが違う!
メガバス発のNEWスイムベイトとなる「マグビート」は、シーバスを攻略するために開発されたというSW専用ソフトスイムベイトです。

といってもバス用に開発されたマグドラフトがソルトでも活用されているように、マグビートもソルトだけでなくフレッシュ(バス釣り)でも使えることは言うまでもありません。

そんなマグビートは名前からわかるようにあの画期的なシステム――マグネットホールドシステムが採用されたスイムベイトです。

マグネットホールドシステムとは?

マグネットホールドシステムはボディ内部にマグネットを搭載し、更にベリー側に設けられたスリットに針先を隠すことによってフックを固定する画期的なシステムです。

このシステムの採用により、従来のスイムベイトのようにフックをボディに刺して固定する必要がないため、ボディをフックで傷つけることがなく、スイムベイト自体の寿命が伸びることが期待されます。

またマグネットとスリットでしっかりと固定することでスイムベイトのアクションに影響を与えることも少ないでしょう。

ただ、このマグネットホールドシステムを真っ先に採用したスイムベイト「マグドラフト」に関しては、マグネットがいつの間にか無くなっていたという声がありました。

この辺どうなっているのかが気になるところです。

それではマグビートのアクションを動画で確認してみましょう!

マグビートの水中アクション動画


この動画はマグビートがまだ「SWスイムベイト」と呼ばれていた段階でのアクション動画のようです。

そのため現行のマグビートとはこの形状やラインアイの位置が違うようです……。

マグビートとマグドラフトの違い

マグネットホールドシステムを採用したスイムベイト第1弾となる「マグドラフト」と「マグビート」。どこが違うのでしょうか?

サイズ(全長、自重)

まずサイズが違います。

マグドラフト 5インチ:全長5インチ(127mm)、自重21g
マグドラフト 6インチ:全長6インチ(150mm)、自重35g
マグビート:100mm、自重17g

マグビートはマグドラフト最小サイズとなる5インチよりも更に小さい100mm、自重も17gと軽量です。タックルを選ばないこのサイズ感は重宝するのではないかと思います。

形状&アクション

マグドラフトよりもボディが薄くフラットになったように見えるマグビート。テールも大きなシャッドテールから小さなシャッドテールへと変更になっています。

そしてアクションも大きなシャッドテールをブルンブルンと振り回し、ボディにもその振動を強く伝えバイブレーションさせていたマグドラフトに対し、マグビートは小さなシャッドテールをブルブルブルと震わせるものの、ボディ自体はほとんど動いていません。

このナチュラルなアクションこそがシーバスを念頭に置いて開発されたマグビートに求められたアクションであり、最大の特徴と言えます。

マグビートとマグドラフト、2つのルアーとまたその他のルアーを状況に応じて使い分けることで更なる釣果が期待できるかもしれません。

マグビートのカラー

マグビートのファーストカラーラインナップは7色。

イワシ
ピンクイワシ
ボラ
アカキン
チャートバック
パールシャッド
ホワイトバックシャッド

個人的にはイワシ、アカキンあたりが好みです。

マグビートのスペック&発売日

製品名
マグビート
全長
100mm
自重
17g
価格
950円

発売は2015年9月を予定しています。

メガバス/MEGABASS シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます