タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

メバリングの仕掛け・釣り方を村上晴彦が動画で解説!わかりやすい!

メバリングの仕掛け・釣り方を村上晴彦が動画で解説!わかりやすい!

issei(一誠)&issei海太郎のルアーデザイナーを務め、ブラックバス用アイテムに加え、ライトゲーム用アイテムも手掛けている村上晴彦さん

今回はそんな村上晴彦さんが、メバリングの仕掛けや釣り方、メバリングの楽しみ方を実釣を交えながら教えてくれる動画を紹介します。

スポンサーリンク

村上晴彦×メバリング


動画では村上さんがライトゲームの定番リグであるジグヘッド単体やキャロなどの使い方、ワーム(スパテラ&シルキーシャッド)の使い分け、ワームのカラーローテーションのタイミング・必要性、根掛かりさせないコツなどを解説しています。

スパテラとシルキーシャッドの使い分け

リブボディにスパテラテールと呼ばれる左右非対称のパドルテールっぽいテールを持つ「スパテラ」

リブボディに湾曲したシャッドテールを装備した「シルキーシャッド」

タイプの異なるこの2つのワームをどのように使い分ければいいのか?

基本的にはリトリーブで(シャッド)テールが小刻みにプルプルプルプルと震えるシルキーシャッドは巻きの釣りに、スパテラはフォールの釣りで使います。

しかし、実際に使用してみたら巻きの釣りでもスパテラの方が良いときもあれば、フォールの釣りでもシルキーシャッドの方が良いときもあります。

なので、シルキーシャッドだからスイミングだ!と決めつけるのではなく、その日はどっちが良いのかを実際に魚に聞いてやることが重要なようです。

カラーローテーションは釣れているときに!

釣れないときにワームを変えたり、カラーを変えたりっていうのはよくやると思います。間違いではありません。

しかし、「カラーローテーション」は釣れているときにこそ行うことが重要です。

皆さんもこの動画を参考にメバリングを楽しんではいかがでしょうか?

issei/一誠 issei海太郎 アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます