タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ダイワ「モアザン ガルバ87S」でシーバスを攻略!使い方を実釣解説

ダイワ「モアザン ガルバ87S」でシーバスを攻略!使い方を実釣解説

今回はDAIWA(ダイワ)から2016年新発売のランカーシーバス対応のシンキングペンシル「morethan GALVA 87S(モアザンガルバ87S)」を、使い方・特徴を実釣を交えながら解説してくれる動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

ダイワ「モアザン ガルバ 87S」

ダイワ「モアザン ガルバ87S」でシーバスを攻略!使い方を実釣解説_002
湾奥のプリンス 大野ゆうきプロデュースのリップ付きシンキングペンシルとして、2015年リリースされた「モアザン ガルバ73S」のサイズアップモデルとなるのが「モアザン ガルバ87S」です。

製品名 全長 自重 フック
ガルバ73S 73mm 12.8g ST-46#8
ガルバ87S 87mm 19.3g ST-46#3

73mmという小さなサイズながら、シンペンらしからぬボリュームのあるボディが特徴的だったガルバ73S。ガルバ87Sは全長87mmで更にファットなボディになっています。それに伴って自重は19.3gとガルバ73Sから6.5gもアップし、実釣テストでは70mに迫る飛距離を叩き出したそうです。

ただ、大きくなってもガルバはガルバ。ファットボディが持つ浮力と可愛らしい小さなリップが水を掴むことによって、ただ巻くだけで誰でも簡単に水面直下~のレンジをキープしながら引いてくることができ、理想のアクションを演出することができます。

アクションはガルバ73Sよりも大振りなスローピッチアクション。またロッドワークやリーリングによってドッグウォークさせることも可能です。ガルバ73Sと使い分けることでより効果を発揮してくれるルアーです。

また、フックもガルバ73Sとは異なり、ランカーシーバスとのやり取りを想定しているガルバ87SはカルティバST-46#3が標準装備となっています(ガルバ73SはST-46 #8)。

それではガルバ87Sの水中アクションと使い方を動画で確認しましょう!

モアザン ガルバの使い方・特徴を大野ゆうきが実釣解説


モアザン ガルバを最も知る人物――大野ゆうきさんによる実釣解説動画です。

カラー

モアザン ガルバ87Sのファーストカラーラインナップは12色。

レモンソーダミント
イワシSゴールド
キンピカイワシ
涼海
ハッピーレモン
ブルースカイ
ホロレッドヘッド
マルチイワシ
マッシュベイト
ロイヤルコーラルピンク
グリーンベレー(2016年新色)
ピンクベレー(2016年新色)

スペック・発売日

製品名 モアザン ガルバ87S
全長 87mm
自重 19.3g
フック カルティバST-46 #3
レンジ 水面直下~20cm
価格 1,900円

発売は2016年4月頃を予定しているようです。

60m以上遠投した先でも水面直下をスローにリトリーブすることができるガルバ87Sで、魚が水面を意識しているとき、ボイルしているとき、効果的だというガルバ87Sで、ランカーシーバスを狙ってみてはいかがでしょうか?

ダイワ/DAIWA シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます