タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

NLW「ビーツァM7」が復活!これで勝てる!もう何も怖くない!

     バス釣り用ルアー  

nlw_beatourm7_003

U23アジア選手権決勝、後半20分頃まで「こんな試合見なければ良かった……」と酷く後悔していたのですが、まさかまさかあんなに面白い試合になるとは。見続けて良かったと手のひらを返したものです。こんばんは。

今回はいよいよ待望の復活を果たすNISHINE LURE WORKS(ニシネルアーワークス)「Beatour M7(ビーツァM7)」の販売情報を紹介します!

スポンサーリンク

ニシネルアーワークス「ビーツァM7」

NLW「ビーツァM7」が復活!これで勝てる!もう何も怖くない!
ニシネルアーワークス(以下NLW)を代表するルアーであるフラットサイドクランク「ビーツァ」 シリーズ。先陣を切って発売となるのはシリーズの中で最も深いレンジを刻む「ビーツァM7」

復活の時を今か今かと待ちわびていた人も多いでしょう!私もそのうちの1人です。自分の痛恨のミスでリップを折ってしまったあの日から、空きれいしか言えなくなったあの日から、待っていました(折ったのはM5ですが)!

そのベイトフィッシュライクなんて言葉では足りない、言い表せない圧倒的な造形美は、今にもビクンと魚体を震わせ、泳ぎ出しそうなほどリアル。ルアーの存在を知らない人が見たら、本物の魚と見間違ってもおかしくないレベルです。

もちろん、素晴らしいのは見た目だけではありません。

ビーツァはスローリトリーブでもしっかりと泳ぎ、ファストリトリーブでもバランスを崩さない、どんな速度域でも安定して泳ぐ優れたスイミング性能を持っています。ただ巻きで使っても良し、何かにコンタクトさせても良し。巻き心地も心地よく、いつまでも巻いていたくなるルアーです。

またフラットサイドクランクながら、キャストフィールも良好で、雑に投げても少しくらい風が吹いてもクルクル回転したりせず、安定した飛行姿勢でヒューンと飛んでいくので、気持ち良く投げることができます。

カラー

ビーツァM7 アルワイフ
今回リリースされるビーツァM7のカラーは2色。

オスギル
アルワイフ

どちらのカラーも美しすぎる!

個人的にはどちらのカラーも(買えるなら)迷わず買うつもりですが、アルワイフの方が今の私にはグッとくるカラーですね。

スペック・発売日

製品名 ビーツァM7
全長 70mm
自重 9.5g
フックサイズ トレブル#6
潜行深度 10lb-2.8m / 20lb-2.1m
価格 2,850円(税別)

発売は2016年1月下旬~2月上旬頃になるようです。

今の時期から活躍してくれるビーツァM7。ボックスに迎えてはいかがですか?

魂のビーツァ復活!! : Nishine Lure Works 裏日記

THE KEEP CAST/ザ・キープキャストで西根さんと握手!

2016年2月20日、21日にポートメッセなごやで開催される名古屋フィッシングルアーフェスティバル「THE KEEP CAST/ザ・キープキャスト」に、ニシネルアーワークス(以下NLW)もブースを出展!

しかも、ブースにはNLWのルアーの生みの親である西根さんもいるそうです!

カナダ在住の西根さんに会えるチャンスなんてそうそうありませんし、注目のジャークベイトも展示されるみたいですから、キープキャストへ行かれる方はぜひNLWブースへ足を運ばれてはいかがでしょうか?

なぜベストを尽くさないのか

ここ最近、欲しいルアーを買い逃すことが意外に少なかったので、何の根拠も無く漠然と「買えるだろうな」と考えていました。

しかし、事前に予約の受付をしていたショップは軒並み全滅。カートに入れることすら叶わず、できたのはSOLD OUTの文字をただ呆然と見つめることだけ。

完全に慢心していました。

この段階になってようやく「これはまずいんじゃないか……?」と気づき始めたわけです。買えない恐怖におののき始めたわけです。

いや、いやいやいや、ネガティブになるのはよくないですね。

レッツ・ポジティブ!

レッツ・ポジティブ!

取扱店でまだ予約の受付を開始していないところ、事前予約をしないというところもあるはずですからね。

狙っている皆さんは、私のように慢心することなく、最善を尽くして頑張りましょう!

ニシネルアーワークス ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます