タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

エギングプログラム「EP710H」はどんなロッド?動画で解説!

     エギングロッド, 動画  

エギングプログラム「EP710H」はどんなロッド?動画で解説!

ノリーズオーシャン エギングロッドのフラッグシップモデル「エギングプログラム」シリーズの最新作となる「EP710H」

デカイカを獲るために、デカイカのみを獲るために生まれた「EP710H」の特徴を、ノリーズオーシャンプロスタッフ武宮タカシさんが1つ1つ丁寧に解説してくれる動画を紹介します。

スポンサーリンク

デカイカのみをターゲットにした「EP710H」


エギを投げるとき、操作するときは先調子、デカイカが掛かってからはそのパワーを受け止め浮かせる胴調子へと変化するバリアブルテーパー(可変テーパー)となる「EP710H」

デカイカ用ロッドということで7フィート10インチとやや短めのレングスながら、自重が155gとあまり軽いとは言えないロッドです。しかし、バランサーを取り付けることができるようになっているため、好みのタックルバランスを追求することができます。

ガイド&リールシート

EP710Hのガイドとリールシートには2015年新登場となる最新のアイテムが採用されています。

エギングプログラム「EP710H」はどんなロッド?動画で解説!_003
バットガイドとその1つ上にはFujiの最新ガイドとなるリバースガイドを採用(リングは全てトルザイトリング)。逆付けガイドとなるリバースガイドは、ラインが放出されたときにガイドフットにラインが当たって飛距離が落ちることを抑制してくれます。

エギングプログラム「EP710H」はどんなロッド?動画で解説!_002
リールシートにはFujiのTVS17を採用しています。

EP710Hのスペック

製品名
EP710H
全長
2.4m
継数
2
仕舞寸法
124cm
自重
155g
先径/元径
1.8/12.7mm
エギ
3.5-4.5号
PEライン
0.8-2.0号
価格
56,000円

発売は2015年5月下旬を予定しているそうです。

ノリーズ/NORIES エギング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます