タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ルドラ130HF 10周年リミテッドはどこが違う?ルドラ130Fと比較

     バス釣り用ルアー  

O.S.Pが誇るビッグミノー「RUDORA(ルドラ)」の誕生10周年を記念した限定モデル「2015 RUDRA 130HF 10th Anniversary Limited(ルドラ130HF 10thアニバーサーリーリミテッドモデル)」が新発売です!

今回はその「ルドラ130HF 10周年リミテッドモデル」をレギュラーアイテムのルドラシリーズと比較しながら紹介します!

スポンサーリンク

OSP「ルドラ130HF 10thアニバーサーリーリミテッドモデル」

ルドラ130HF 10周年リミテッドはどこが違う?ルドラ130Fと比較
OSPが理念として掲げる「10years standard――10年経っても最前線」を見事成し遂げることとなったビッグミノー「ルドラ」

そんな10周年を記念した限定モデルとなる「ルドラ130HF 10thアニバーサーリーリミテッドモデル」は、ルドラシリーズ初のボーン素材を採用した特別仕様のモデルとなります!

ボーン素材によってルドラ130HFはどう変わった?

これまでのルドラシリーズに採用されていたクリアー樹脂とは異なるボーン樹脂を採用した「ルドラ130HF」。

ルドラ130HFはクリアー樹脂よりも比重が小さいボーン樹脂の採用によって、ボディが従来のルドラよりも約5%も軽量化されています。

薄くて軽いのに耐久性もあるというハニカムスーパーHPボディとの相乗効果によって、より優れたアクションレスポンスとキレのあるアクションを実現!

しかし、自重はシリーズ最軽量となるルドラ130Fと同じ17.0gです。ボディは軽くなっているはずのに自重は同じ。なぜなのでしょうか?

それは重心移動システムに採用されている2つのウエイトボールが共にタングステン素材のものになっているからです。

これによって更なる飛距離アップ(微増)と共により低重心化されることでアクションのキレにも寄与しています。また従来のルドラとは異なるサウンドによるアピールにも期待できそうです。

それでいてルドラ130HFはルアーネームの末尾のHF(ハイフロート)の名が示すように高い浮力を備えています。何かにコンタクトしたときに止めてやればフラフラ~と浮き上がることで軽く躱してくれるのではないかと思います。

またとフラフラ~と浮き上がったとき、何かを躱して巻き始めたときにバイトがあるかもしれません。

ルドラ130HFはその浮力を活かしたストップ&ゴーやジャーク&ポーズのように止めて浮かせて喰わせるといった使い方が楽しいかもしれませんね。

ルドラ130HF 10thアニバーサーリーリミテッドモデルのカラー

ルドラ130HFのカラーラインナップは実戦を意識したという僅か2色。

チャートバックボーンシャイナー
デッドリーシャイナーリミテッド

20色を超える豊富なカラーが揃うルドラのレギュラーカラーには存在しない、ボーン素材だからこその特別色です(一応チャートバックシャイなーというカラーは存在します)。

どちらのカラーを買うか、それともどちらも買うか。どちらかのカラーとなると2色しかないのに、20色以上あるときよりも迷ってしまいますね(笑)

悩ましい。

ルドラ130HF 10thアニバーサーリーリミテッドモデルのスペック

製品名
ルドラ130HF
全長
130mm
自重
17.0g
価格
1,900円

発売は2015年9月上旬を予定しているようです。個数限定での発売となりますので欲しい方はお早めに!

OSPが誇るソフトベイト”ドライブ”シリーズの最新作も要チェックですよ!

O.S.P ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます