タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

タイニーブリッツDRでバス連発!カラー・フックサイズ・タックルを解説

     バス釣り用ルアー, 動画  

タイニーブリッツDRでバス連発!カラー・フックサイズ・タックルを解説_002

何やら乙武洋匡さんが大変なことになっていますね。誠実そうなイメージだっただけに、かなりダメージが大きそうな気がします。こんばんは。

今回はOSPから2016年新発売となるスモールクランク「Tiny BLITZ DR(タイニーブリッツDR)」を、水中アクションが確認できる動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

OSP「タイニーブリッツDR」

タイニーブリッツDRでバス連発!カラー・フックサイズ・タックルを解説_001
タイニーブリッツMR、タイニーブリッツに続く、第3のスモールクランク「タイニーブリッツDR」最大潜行深度が3.4mとなるシリーズの隙間を埋めるディープランナーです。

製品名 タイニーブリッツDR タイニーブリッツMR タイニーブリッツ
全長 45.0mm 44.0mm 46.0mm
自重 6.7g 6.3g 6.5g

タイニーブリッツDRは他のシリーズと同様に、固定重心と薄く軽量でありながら耐久性を損なうことなく、アクションレスポンスを高めてくれるOSPが誇るスーパーハニカムHPボディを採用しており、優れたスイミング性能を実現。また、タイニーブリッツDRはその浮力とロングリップがスナッグレス性能を高めています。

更にタイニーブリッツDRは深く潜らせるために必要な飛距離を稼ぐことができる遠投性能――OSP曰く「同クラスの他社製クランクと比べても最高の飛距離を記録」――を備えながらも、鋭く潜行する?ことによって、ショートキャストでも狙ったレンジ、ポイントを攻略することができます。

それではタイニーブリッツDRの水中アクションと使い方を動画で見てみましょう!

タイニーブリッツDRでバス連発!特徴や使い方を解説


OSPの小島よしおを目指しているらしいOSPプロスタッフ橋本卓哉さんが、タイニーブリッツDRの特徴や使い方、使いどころを実釣を交えながら解説してくれる動画です。

タイニーブリッツDRのカラー

タイニーブリッツDRのファーストカラーラインナップは11色。

アメリカンサンフィッシュ
黒金オレンジベリー
チャートブルーバック
スポーンレッドクロー
マットタイガー
リアルギルVer.2(リアルプリントカラー)
セクシーシャッドVer.2
テイスティシャッド
インパクトライムチャート
マットシャッド
潤るワカサギ

カラーローテーションについて橋本卓哉さん曰く「(いつもと状況が違うからといって)大きくカラーを変えるのではなく、いつもより濁っている(透明度が高い)、少し曇っている(晴れている)程度の場合は、徐々にカラーを強くしてやる(弱くしてやる)と良い」そうです。

フックサイズ

タイニーブリッツDRはフロント・リアともにトレブルフックの#8が標準装備となっています。

ただ、タイニーブリッツDRは高い浮力と横アイ設定によって、フックサイズをフロント・リア共に#6に上げても、きちんと浮き上がり、かつフックが絡むこともないそうです。

タックル

ロッド スティーズ ブリッツパワープラス
リール SS AIR(SLPシャッドチューン:ギア比6.3)
ライン モンスターブレイブ12lb

橋本卓哉さんがタイニーブリッツDRを使うときに、使用していたタックルがこれ↑。

オススメのタックルは

  • ロッドはやや硬めのもの。
  • リールは軽いルアーをストレスなく投げることができるもの。
  • ラインは飛距離を重視するならば10lb。手返しやカバー周りを狙う場合は12lb。

とのこと。

スペック・発売日

製品名 タイニーブリッツDR
全長 45mm
自重 6.7g
価格 1,400円

タイニーブリッツDRの発売日は2016年4月上旬頃を予定しているようです。

皆さんも橋本卓哉さんのようにタイニーブリッツDRでブラックバスを攻略してはいかがでしょうか?

O.S.P ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます