タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

環境省が外来種(ブラックバス等)に対する意見を募集中!

     四方山話  

  • 環境省が外来種(ブラックバス等)に対する意見を募集中!

スミスのIKE-Pさんのblog(IKE-Pの釣れづれ日記)にて、環境省が外来種(ブラックバス等)に対する意見を募集しているという記事を書かれていましたので、当サイトでも少し紹介させていただきます。

スポンサーリンク

外来種に対するパブリックコメント

意見を募集しているのは「外来種被害防止行動計画(案)」「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(案)」の2つについてです。

各案について添付資料をもとに意見を聞かせてくださいということのようです。

資料1

資料にはどのようなことが書かれているかというと、例えば「資料1 外来種被害防止行動計画(案)」の90ページには目標としてこんなことが書かれています。

2020年(平成32年)までに、事業対象地において、根絶もしくは低密度管理のための地域の体制が構築される。(環境省)

引用:http://www.env.go.jp/press/files/jp/25582.pdf

この事業対象地というのは「伊豆沼・内沼、羽田沼、片野鴨池、犬山市内のため池群、琵琶湖内湖、藺牟田池、岡山県吉井川」のようです。

そして対象となるのはオオクチバス、コクチバス、ブルーギルです。

資料2-1

次に「資料2-1 我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト掲載種(案)の付加情報(動物)」では、オオクチバス(ラージマウスバス)は緊急対策外来種に選定されており、対策優先度の要件(被害の深刻度)として上げられている1~4までの全てを満たしています。

①生態系に係る潜在的な影響・被害が特に甚大である。
②生物多様性保存上重要な地域に侵入・定着し被害をもたらす可能性が高い。
③絶命危惧種等の生息・生育に甚大な被害を及ぼす可能性が高い。
④人の生命・身体や農林水産業等社会経済に対して甚大な被害を及ぼす。

引用:http://www.env.go.jp/press/files/jp/25575.pdf

意見の書き方

こんなのおかしいよ!というような意見がある方はぜひ意見を提出しましょう!何も言わず、沈黙していては肯定したとみなされてしまいます。

ただし、意見を提出する際に注意しなくてはいけないことがあり、そのうちの1つが意見の述べ方です。自分の意見を好き勝手に書くだけではいけません。

注意事項に

どの資料のどの部分に関する御意見か分かるよう、意見ごとに記載してください。

と書かれているように

引用:http://www.env.go.jp/press/19027.html

・「外来種被害防止行動計画(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について
・「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について

この2つの意見募集ページに添付されている資料を読み、その資料の部分を指定し、この部分はこうこうこういう理由でこうである、こうするべきであるという風に書かなくてはなりません、たぶん。

また他にも守らないと無効になる注意事項もあります。意見を提出しようと考えている方はご注意ください。

最後に、自覚がないだけで私の読解力が手の施しようがないレベルである可能性があります。各自、意見募集ページ・資料をしっかりと自分の目でご確認ください。

募集期間:2014年12月12日~2015年1月11日

この記事を無断転載または切り貼りするのはやめてください(この記事以外もやめてください)。

環境省_「外来種被害防止行動計画(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について

環境省_「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について

外来魚のリリース禁止問題 ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます