タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

リアルクレセント 81LR/76WR/71SRの3機種がマイナーチェンジ!

リアルクレセント 81LR/76WR/71SRの3機種がマイナーチェンジ!

お盆明けと同時にそれまでが嘘のように涼しくなってきましたね。夏用の布団セットだと朝方ちょっと寒くて目が覚めるほどです(さすがに大げさですかね?)。こんばんは。

今回はリップルフィッシャーの人気ライトゲーム用ロッド「RealCrescent(リアルクレセント 71SR / 76WR / 81LR)」の3機種について紹介します!

スポンサーリンク

リップルフィッシャー「リアルクレセント 81LR/76WR/71SR」

アジングやメバリングを嗜むアングラーから人気のリップルフィッシャーが誇るライトゲーム用ロッド「リアルクレセント」。人気と生産量によってタイミングを逃すとなかなか手に入らないロッドです。

そんなリアルクレセントの一部機種がマイナーチェンジとなるようです。

マイナーチェンジとなるのは3機種。

リアルクレセント 71SR(ショートレンジ)
リアルクレセント 76WR(ワイドレンジ)
リアルクレセント 81LR(ロングレンジ)

です。

つい先日まで予約を受け付けていたショップが突如予約の受付を終了したことから、「もしかして……?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。鋭いです!

マイナーチェンジの報を受けて前モデルの予約受付を終了したことが考えられます。

リアルクレセントはマイナーチェンジでどこが変わる?

さて気になるのがマイナーチェンジによってリアルクレセント3機種のどこが変わるのか?

ガイドとグリップ周りが変更になるようです。

ガイドは後発の3機種(65JH/TZ、611JH/TZ、74/TZ)と同じくトルザイトリングを採用したものになります。これによってもしかしたらガイドのサイズやセッティングも変わっているかもしれません。

続いてグリップ周り。旧リアルクレセント3機種(71SR / 76WR / 81LR)は、ダウンロックタイプ(フードナットを上から下に締め込むもの)でした。

それがマイナーチェンジによってガイドと同じく後発3機種と同じアップロックタイプ(フードナットを下から上に締め込むもの)へと変更になります。加えてグリップもEVA+コルクの組み合わせからEVAのみになるようです。

個人的にはEVAのみの方が統一感があっていいかなと思います。

もしかして使用感が変わってしまうのでは?と危惧している方もいるかもしれません。マイナーチェンジといっても全然別物のロッドになってしまうんじゃないかと。

しかし、そこは心配ないそうです。多少シャープにはなっているかもしれませんが、タックルバランスは前モデルと変わらないように仕上げているみたいです。

NEWリアルクレセント 81LR/76WR/71SRのスペック

スペックは現時点では不明ですが、ガイドとグリップ周りの変更のみのようですから、異なる点があるとすれば自重だけかなと思います。

あ、あと価格です。やはり多少は高くなりそうな気がします。わかり次第追記したいと思います。

発売は2015年9月を予定しているようです。

発売のタイミングを逃すと次はいつになるかわからないリアルクレセント。購入を考えていた方はぜひこの機会に購入してはいかがでしょうか?

リップルフィッシャー アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます