タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

コスパに優れたレボLTに6.4ギアモデル「レボLT6」が追加!

     ベイトリール  

優れた実釣性能を持ちながら、実売価格は1万円台後半というコストパフォーマンスの高さにも定評のあるアブガルシアのベイトリール「Revo LT(レボLT)」

2012年の発売から3年となる2015年、新たに「Revo LT6(レボLTシックス)」がラインナップへ追加となります!

スポンサーリンク

レボLT6

  • コスパに優れたレボLTに6.4ギアモデル「レボLT6」が追加!

自重僅か154gという軽量なベイトフィネス対応リール「レボLTX」の廉価モデルという位置づけとなる「レボLT」。ギア比は7.1:1でした。

2015年新たに追加となるレボLTシックスはレボディーズ6やレボエリート オーロラリミテッドと同じギア比6.4:1のモデル。ベイトフィネスだけでなく、プラッギングゲームでも快適に扱えそうなリールです。

LTXとの違い

レボLTは廉価モデルとはいっても、スプールはLTXやLTZと同じ超々ジュラルミンの軽量スプールであり、ブレーキシステムもドラグもLTXと同じマグトラックスマグネットブレーキシステムに、カーボンマトリックスドラグが採用されています。

ではどこが違うのか?自重154gという非常に軽量なレボLTXは、マグネシウムフレームにC6カーボンコンポジットサイドプレート、ハンドルにはカーボン素材のクランクハンドルが採用されています。そしてドライギアはアルミ?。

対して自重174gとLTXからプラス20gとなるレボLTは、アルミフレームにC6カーボンコンポジットサイドプレート、ハンドルにはアルミ製のクランクハンドルが採用されています。ドライブギアはブラス(真鍮)。

またベアリング数もLTXが11個に対し、LTは7個となっています。

ただ、レボLTXが淡水専用なのに対し、レボLTは海水での使用にも対応となっているので、シーバスゲームやロックフィッシュゲームにも使用可能です。

スペック

製品名
Revo LT6(-L)
ギア比
6.4:1
自重
174g
ドラグ力
5.5kg
巻取長
66cm
糸巻量
8lb-100m
ベアリング
6/1
価格
27,500円

発売は2015年1月を予定。

ソルトでのベイトタックルを使ったルアーフィッシングに興味のある方は、選択肢の1つにコスパに優れたレボLTを加えてはいかがでしょうか?

アブ・ガルシア ブラックバス アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます