タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

レボ MGX スピニングという釣場に舞い降りた黒騎士が格好良すぎ!

     スピニングリール  

アブガルシアのベイトリールを使う人はプロ・アマ問わず多くいますが、スピニングリールとなるとやはりシマノとダイワにかなり後れを取っているような印象があるアブガルシア。

私もスピニングリールとなるとやはりシマノかダイワのものを選んでしまいます。

しかし、アブガルシアが2015年に投入してきた新作スピニングリールは、これまでアブガルシアという選択肢を考えたことが無かった人でも「おっ!」と思えるかもしれないほど格好いいリールなんですよ!

そんなわけで今回はアブガルシアから2015年新発売となるスピニングリール「REVO MGX(レボMGX)」を紹介します!

<追記>
日本版レボMGX スピニングの情報を追加

スポンサーリンク

アブガルシア「レボMGX(スピニングリール)」

レボ MGX スピニングという釣場に舞い降りた黒騎士が格好良すぎ!
レボMGXスピニングは同名のベイトリールと同じく、ブラック×シルバーなカラーリングを採用しており、まさに”一つだけ言える真理がある。「男は黒に染まれ」”なリールとなっています。

そんな色使いのせいか重厚そうに見えるレボMGXですが、見た目とは裏腹に非常に軽量なスピニングリールとなっています。その軽さはシマノ、ダイワ両メーカーの軽量スピニングリールに全く引けを取りません!

またその巻き心地にも注目です!

C6カーボンボディ&ローター

レボMGXスピニングはボディとローターにマグネシウムにも匹敵するというアブガルシアが誇る新素材C6カーボンを採用。非常に軽いボディとローターでありながら強度と耐久性も失ってはいません。

それらの軽量ボディとローター、カーボンハンドルを装備したREVO2MGX20の自重は約176g、REVO2MGX30の自重が約193gと非常に軽量なスピニングリールに仕上がっています。

しかし、日本版は更に軽い!

レボMGX 2000S(SH):175g
レボMGX 2500S(SH):185g
レボMGX 3000SH:198g

この軽さはダイワのフラッグシップモデルにして最軽量スピニングリールである15イグジストにも引けを取りません!

まー日本版と北米版は同じではないようです。どうもボディの大きさが日本版の方がコンパクトになっているような気がします。気のせいのような感じもします。スプールも日本版はシャロースプールになっています。

アルミニウムギア

レボMGXの武器は軽さだけではありません。

AMGearing System(AMギアリングシステム)と呼ばれる精密マシンカットによって作りだされるアルミニウムギアは、これまでにはない滑らかさと耐久性を備えているそうです。

そしてCOGギアデザインと呼ばれるコンピューターによる解析技術によって最適化されたギアは、最も効率的なギアになっているんだとかなんとかかんとか。

またギアボックスにはお馴染みのアルミニウム合金 X-MAGアロイを採用することによって、軽量でありながら驚異的な剛性を誇ります。

つまり、レボMGXはこれまでのアブガルシアのスピニングリールの常識を打ち破る軽さと巻き心地を手に入れたのです。

全てのラインに対応するスプール

スピニングリールで太いラインやPEラインを使用したときに心配になるバックラッシュなどのライントラブル。

しかし、レボMGXに至ってはそんな心配不要です。

なぜなら、如何にもアメリカらしい8lbラインが120ヤードも巻ける深溝スプール(日本版はシャロースプール)を採用したレボMGXには、トラブルを抑制するための様々なテクノロジーが採用されているのですから。

レボMGXのアルミスプールにはロケットスプールリップが採用されており、ライン放出時にラインのバタつきを抑えることで、キャスト性能を高めると共にライントラブルを抑える効果が期待できます。

またロケットスプールリップを含むロケットラインマネージメントシステムと呼ばれるスローオシレーション、エバーラストベールシステムの組み合わせによって、レボMGXはナイロン・フロロ・PEといったどんなラインにも対応し、軽快に操ることを可能にします。

それでは実際のレボMGXスピニングの異次元の格好良さを動画で確認してみましょう!

レボMGXはこんなにも格好いい!


画像で見るのとはちょっと印象が変わりますね。思ったよりもシルバーの主張が強いです。

レボMGX(スピニングリール)のスペック・発売日・価格

日本版

製品名 ギア比 自重 ドラグ力 ライン ベアリング 価格
レボMGX 2000S 5.2:1 175g 3kg 4lb-100m 11/1 35,500円
レボMGX 2000SH 6.2:1 175g 3kg 4lb-100m 11/1 35,500円
レボMGX 2500S 5.2:1 185g 5.2kg 6lb-100m 11/1 36,000円
レボMGX 2500SH 6.2:1 185g 5.2kg 6lb-100m 11/1 36,000円
レボMGX 3000SH 6.2:1 198g 5.2kg 8lb-150m 11/1 37,000円

北米版

製品名
REVO2MGX20/REVO2MGX30
ギア比
6.2:1
自重
6.2oz(約176g)/6.8oz(約193g)
ドラグ力
約5kg
糸巻量
8lb-120yds/8lb-175yds
ベアリング
11/1
価格
299.99ドル

期待のレボMGXの発売はまずアメリカから。2015年11月~にリリース。

日本では2016年3月下旬頃発売となるようです。

日本ではいつ発売になるかわかりませんが、発売になった折りには購入を検討してみてはいかがでしょうか?

価格は日本版の方がやや高いですね。でもシマノやダイワのフラッグシップモデルに比べたら全然買いやすい価格。これは魅力的ですね。

ちなみにベイトリールはアブガルシアのものを使いながらも、スピニングリールはイグジスト スティーズカスタム他を愛用していたあの今江克隆プロも、このレボMGX スピニングを使うそうですよ!

今江克隆プロファンはもちろん、それ以外の方も生まれ変わったアブガルシアのスピニングリールを体験してみてはいかがでしょうか?

アブ・ガルシア ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます