タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

14カルカッタコンクエストを田辺哲男が解説&インプレ

     ベイトリール, 動画  

10数年ぶりにモデルチェンジとなったシマノが誇る丸形リール「NEW CALCUTTA CONQUEST(カルカッタコンクエスト)」。そしてカルコンといえば忘れてはならないのが田辺哲男さん。最新の14カルコンをその田辺さんが解説&インプレする動画が公開されています。購入を検討している方には絶対ためになる動画ですので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

100(101) or 200(201)

右巻き用の100&200が今月発売予定となっている14カルカッタコンクエスト。100と200どちらを買おうか迷っている方いらっしゃるかと思います。田辺さん曰く「今ブラックバスフィッシングで使うルアーはビッグベイトを除いてそれほど大きくない。130mmクラスのミノー、1/2~3/4ozクラスのスピナーベイトくらいだったら100で十分。100が最もバーサタイルに使える。ロングロッドでぶん投げるような釣りをメインでするなら200。そういうことですよ」ということです。ちなみに田辺さんは100の使用率が9割だそうです。

スペック

製品名 ギア比 自重 ドラグ力 巻上長 ライン(lb-m) 価格
100/101 5.2:1 215g 4.0kg 59cm 3-100,4-80 56,700円
200/201 4.8:1 240g 6.0kg 60cm 3-180,4-130 56,700円

田辺哲男 フィッシングショー2014 シマノ/SHIMANO ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます