タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

15エクスセンスLBこそが次世代シーバス用スピニングリールだ!

     スピニングリール  

シマノのシーバス用ブランド「EXSENCE(エクスセンス)」の名を冠したレバーブレーキ搭載スピニングリール「エクスセンスLB」

2010年の初登場から僅か5年、早くも3代目となる「15エクスセンスLB」が新登場です!

スポンサーリンク

シマノ「15エクスセンスLB」

15エクスセンスLBこそが次世代シーバス用スピニングリールだ!
2015年新発売となる「15エクスセンスLB」は、これまでのエクスセンスLBとは一線を画す次世代シーバス用レバーブレーキ搭載リールになる、かもしれません。

どこがこれまでのエクスセンスLBと違うのか?

それはリールのサイズです。

これまでのエクスセンスLBのサイズがC3000番クラスだったのに対し、15エクスセンスLBではC2000番クラスのリールとなっています。

C2000番クラスといえば1000番クラスのボディに2000番クラスの糸巻き量を持ったアジングやメバリング等のライトゲームに多様される大きさのリールです。

ならば15エクスセンスLBはライトゲーム用に開発されたリールなのか?といえばそうではありません(もちろん使用は可能です)。

シマノが誇るシーバス用ブランドであるエクスセンスの名を冠し、人気シーバスアングラーである泉裕文さんが監修した歴としたシーバス用レバーブレーキリールです。

そのためリール自体はコンパクトだけれど、2500番(C3000番)クラスのシャロースプールと同等の糸巻き量を持つスプールを搭載しています。

泉裕文さんがBB-Xハイパーフォースのコンパクトサイズのリールを使っていたのは、この15エクスセンスLBへの布石だったようですねー。

シーバス用リールとしての15エクスセンスLBの利点

シーバス用リールとしてはシマノでいえばC3000番、3000(4000)番クラスのリールが使われることが多いと思います。そんな中で登場した15エクスセンスLBはそれらのサイズよりも一回りも、二回りも小さいコンパクトサイズのリール。

ではシーバス用としてコンパクトボディのレバーブレーキ搭載リールを使うメリットは何なのか?

それは圧倒的な軽さが生む優れた操作性と高い感度です。タックルが軽量化されることによって、より軽快に、より繊細にルアーを操作することを可能にし、潮流の変化やボトムの変化などをより細かく把握することを可能にする感度を生むのです。

ちなみに15エクスセンスLBの自重は195g!これは13エクスセンスLBの自重235gよりも40gも軽い数字になります。

しかし、この195gという数字は、同じCI4+の軽量なマグナムライトローターとボディを持つボディサイズの大きい12エクスセンスCI4+と同じ自重になります。

となるとそんなに言う程軽くないような気もしますが、15エクスセンスはレバーブレーキとダブルハンドルが標準装備ですから、それを考えると”軽い!”ってことかもしれません。

ただ、軽さが大きな武器になることは間違いありませんが、15エクスセンスLBはコンパクトなリールですから、最大巻上長が68cmしかありません。また重さのあるルアー、引き抵抗のあるルアーを使う場合、使い心地はどうなんでしょうか。気になるところです。

まーでも泉裕文さんが普通に使っているということは問題ないのかもしれませんし、状況に応じてタックルを使い分けろってことかもしれません。

コアプロテクトやGフリーボディは

14ステラ、15ツインパワーに続き、実売価格1万円台半ば~という15ストラディックにも採用された防水機構「コアプロテクト」や「Gフリーボディ」といった新技術。

残念ながら15エクスセンスLBには採用されていないようです。

ドラグノブのサイズも従来と同じサイズっぽいですし、安心して使えるベールの開き角度の拡大も採用されていないかもしれません。

もしかしたらクイックレスポンスシリーズには採用されないんでしょうかね?新技術が惜しげもなく採用された14ステラも15ツインパワーも15ストラディックも全てクイックレスポンスシリーズではありませんし。

15エクスセンスLBの実釣解説動画


動く15エクスセンスLBがこれだ!格好いい!

15エクスセンスLBのスペック・価格・発売日

15エクスセンスLBのラインナップは1機種。15エクスセンスLB C2000MDHだけです。

逆転時にブレを抑える効果が期待されるダブルハンドルには、15アルデバランや15アルデバランBFS XG リミテッドに新採用された軽量な新型ノブが採用されています。これは恐らくスピニングリールとしては初となるのではないかと思います。

製品名
15エクスセンスLB C2000MDH
ギア比
5.0
自重
195g
最大ドラグ力
3.5kg
ライン
4-130,5-100(lb-m)
PEライン
0.6-200,0.8-150,1-110(号-m)
最大巻上長
68cm
ハンドル長
45mm
ベアリング
10/0
スプール径
43.0mm
価格
49,500円

価格は13エクスセンスLBから500円アップの49,500円。実売価格は3万円台後半くらいでしょうか。

発売は2015年9月を予定しているようです。

個人的に

15エクスセンスLBのブラックボディにゴールドが差し色に使われているカラーリング、格好いいですね!男は黒に染まれ!と常々思っていないような思っていないような私としてはカラーだけで欲しいと言わざるを得ません。

でもシーバス用リールとして考えるとやはりC2000番クラスというサイズはクセがありそうで、おいそれとは手が出せませんよね。まーライトゲーム用にはいいなーと思います。

シマノ/SHIMANO エクスセンス シーバス エギング アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます