タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

16メタニウムMGLの秘密はスプールにあり!?シマノが生んだ驚異の性能

     ベイトリール  

shimano_16metanium_mgl

シマノのベイトリールの中で、キャスト性能、リーリング性能、剛性・耐久性、軽さ、価格などトータル的にまとまった使いやすいリールとして人気の「メタニウム(13メタニウム/15メタニウムなど)」シリーズ

今回は2016年、新たにメタニウムシリーズに追加となるリール――シマノ「16 Metanium MGL(16メタニウムMGL)」を紹介します。

スポンサーリンク

シマノ「16メタニウムMGL」

16メタニウムMGLとバンタムロッド
2016年に16アンタレスDCと共に新発売となる「16メタニウムMGL」

見た目からは13メタニウムのマイナーチェンジのような印象を受けますが、スピニングリールの4年周期がベイトリールにも当てはまるのなら、13メタニウムと並行して販売される新モデルでしょうかね。

デザインは13メタニウムと同じように見えますが、ボディカラーが不評だったブラック×シルバーの2トーンから、メタニウムMgを彷彿とさせるようなシルバー1色のカラーリングになっています。

ついに発表!!皆さん秘密にしてきてごめんねm(__)m昨年密かに開発、テストを続け、シマノ社から、シマノ社だけのオリジナル製品として、僕らの10年、20年先の覚悟を形にしたバンタムロッド、バンタムルアー(^o^)1979年に初めてバス…

Posted by 伊豫部 健(イヨケン) on 2015年12月25日

 
バンタムブランドのロッドに合わせた、という可能性もあったりなかったり。個人的にはこちらの方が素敵だなと思います(笑)実際にフィッシングショーで見てきましたが、13メタニウムよりも断然好みでした。

それでは16メタニウムMGLのスペックを見ていきましょう!

MGLスプール

16メタニウムMGLのスプール
16メタニウムMGLの最大の注目点となるのが、リールの名称にもなっているMGL――「MGLスプール」です。このスプールが開発されたからこそ16メタニウムMGLが生まれたと言っても過言ではないスプールです。

MGLスプールはMGLのアルファベットの組み合わせからわかるように、新しい「マグナムライトスプール」となります。これは同じ2016年にフルモデルチェンジとなる「16アンタレスDC」にも採用されている期待のスプールでもあります。

NEWマグナムライトスプールは、スプール胴径へのブランキングとスプールの薄肉化に加え、スプール側面への肉抜きを施した結果、これまでよりも軽い力でスムーズに回転し、飛距離がなんと約20%もアップしたそうです。

フィッシングショー2016のシマノブースには、この新マグナムライトスプールと旧マグナムライトスプールを比べることができるキットが置いてあり、実際に回してみたのですが、新マグナムライトスプールの方が明らかに軽い力で回りました。

スプールサイズはメタニウムというリールの位置づけを考え、これまで通り34mmスプール。またサイレントチューンによってスプールのスムーズな立ち上がりに加え、キャスト時に嫌な異音がすることもないでしょう。

ただし、サイレントチューンなどの採用によって、MGLスプールは13メタニウムとの互換性がありません

飛距離

遠投性能がアップしているというMGLスプールを搭載した16メタニウムMGLは、本当によく飛ぶリールのようです。

実釣テストをしていたプロアングラー達も、16メタニウムMGLの想像以上の性能に驚嘆し、こんなに飛ぶの!?といったように、リールの性能を確かめるように、何度も何度も遠投を繰り返すほど。

更にこのとき高比重ワームを投げていたのですが、バイブレーションだったらラインが全て出てしまうかもしれない、という言葉も聞かれました。

リールに14lb?ラインが何メートル巻いてあったのかわかりませんが、とにかくよく飛ぶようです。

また、16メタニウムMGLはロングキャストだけでなく、ピッチングなどの近距離キャストでも、低弾道でカバーの奥、の奥へスーッと一伸びしてくれるリールになっています。

ブレーキシステム

スプールと共にキャスティングに大きな影響を及ぼすブレーキシステム。16メタニウムMGLは、13メタニウムとは異なるブレーキシステムを搭載していています。

16メタニウムMGLのSVSインフィニティ
それは2014年以降のベイトリールに採用されている4ブロックタイプの新しいSVSインフィニティと同じ4点ブロックタイプながら、全く同じものではありません。

従来の4点ブロックタイプのSVSインフィニティはブレーキシューをスライドさせることでブレーキ力を調整していました。しかし、新しいSVSインフィニティは、ブレーキシューをスライドさせるのではなく、カチッと引っ張り上げる(下げる)ことでブレーキ力を調整します。
 

16メタニウムMGLのSVSインフィニティの外部ダイヤル
更にこの新しいSVSインフィニティによって、16メタニウムMGLは今までよりも外部ダイヤル(1~6の6段階)だけでのブレーキ調整が容易になっており、サイドプレートを外すことなく、ある程度の調整が可能なんだそうです。

なので、内部のブレーキシューと合わせて設定してやることで、これまでよりも細かいブレーキ調整、幅のあるブレーキ調整を行うことができるようになっています。

ただ、16アルデバランBFS XGにマグネットブレーキが採用されている可能性があるため、16メタニウムMGLも……ということも考えられなくはありません。可能性は低いかなと思いますが。

マイクロモジュールギア&HAGANEボディ

16メタニウムMGLはマイクロモジュールギア採用
16メタニウムMGLには滑らか巻き心地を約束する「マイクロモジュールギア」が、13メタニウムに引き続き採用されています。

ボディもマグネシウム製のHAGANEボディとなっており、剛性面でも不安はありません。

ハンドル&ハンドルノブ

16メタニウムMGLのハンドルは13メタニウムや15メタニウムDCと同じようですが、ハンドルノブは違うものになっているように見えます。

15アルデバランや15アルデバランBFSなどの軽量リールに採用されているハンドルノブに近い感じがしますが、16メタニウムMGLのハンドルノブの方が肉厚な気がします。

軽さと握りやすさを考えたデザインのハンドルノブでしょうかね。画像の角度的にそう見えるだけかもしれませんけど。

それでは16メタニウムMGLの解説動画を見てみましょう!

これが16メタニウムMGLだ!


2016年に復活するシマノ バンタムブランドのメンバーであるイヨケンこと伊豫部健さんによる解説動画です。

スペック・発売日


ラインナップは13メタニウム同様にギア比違いによる3タイプ×2(左右)。

ノーマルギア(6.2)、ハイギア(7.4)、エクストラハイギア(8.5)

製品名 ギア比 自重 ドラグ力 巻取長 ライン ベアリング 価格
メタニウムMGL(LEFT) 6.2 175g 5kg 66cm 14lb-90m 10/1 44,100円
メタニウムMGL HG(LEFT) 7.4 175g 5kg 79cm 14lb-90m 10/1 44,100円
メタニウムMGL XG(LEFT) 8.5 175g 5kg 91cm 14lb-90m 10/1 44,100円

NEWグナムライトスプールとSVSインフィニティ他を新たに搭載した16メタニウムMGL。13メタニウムの発売から僅か3年という短い期間でのリリースに踏み切るほどのリールに仕上がったにも関わらず、価格は13メタニウムと同じ44,100円。大変うれしいお値段据え置きです!

発売日は右巻きが2016年3月、左巻きが2016年5月頃となります。相変わらず左巻きの方が遅れるようですね。

シマノ新製品 2016年 シマノリール 2016年モデル シマノ/SHIMANO ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます