タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

17アルテグラ(リール)に失望?でも16ナスキーとは決定的な違いが…

     スピニングリール  

17アルテグラ(リール)に失望?でも16ナスキーとは決定的な違いが…_002

これから釣りを始めるアングラーの最初のリールとして、ステップアップ用のリールとして、カスタム用リールとしても人気が高かったSHIMANO(シマノ)のスピニングリール「ULTEGRA(アルテグラ)」。アジング界のカリスマも愛用していたリールでもあります。

そんな人気のリールが2017年に待望のモデルチェンジを迎えたわけですが、……残念なことに「17アルテグラにはガッカリした!」なんて意見も少なくありません。

今回はフルモデルチェンジを果たした「17アルテグラ」がなぜ失望されたのか?16ナスキーで十分は本当か?スペックを比較しながら紹介します。

スポンサーリンク

シマノ2017年新作スピニングリール「17アルテグラ」

shimano_17ultegra_003
2016年、ナスキーと共にモデルチェンジが予想されながら、1年遅れでのモデルチェンジ――フルモデルチェンジと呼ぶに相応しい大幅進化を遂げたシマノのスピニングリール「17アルテグラ」

多くのアングラーの度肝を抜いた豪華スペックの16ナスキー同様に、17アルテグラもまたシマノが得意とする精密冷間鍛造技術を用いた超々ジュラルミン製の「HAGANEギア」に、軽いリーリングと力強い巻き上げを可能にする「X-SHIP」、防水性能を向上させる「コアプロテクト」、リールの重心を手元に近づけることで体感的な軽さと操作性の向上が期待できる「Gフリーボディ」を新採用。

また、2012年以来のモデルチェンジはスペックの進化だけでなく、ラインナップも旧モデルの9機種から12機種へと増え、充実のラインナップに!

  • 17アルテグラ 1000
  • 17アルテグラ C2000S
  • 17アルテグラ C2000HGS
  • 17アルテグラ 2500
  • 17アルテグラ 2500S
  • 17アルテグラ 2500HGS
  • 17アルテグラ C3000
  • 17アルテグラ C3000HG
  • 17アルテグラ 3000XG
  • 17アルテグラ 4000
  • 17アルテグラ 4000XG
  • 17アルテグラ C5000XG

ただ、エギング用の番手とも言われるダブルハンドルモデルの「C3000SDH」のように、ラインナップから消えてしまった番手もあります。

カラーは12アルテグラのブラック×シルバーから一新したシルバー×ガンメタにゴールドカラーを採用。

しかし、アルテグラのモデルチェンジを心待ちにしていたアングラーの中には「17アルテグラにガッカリした」と失望の声を漏らす者もいます。なぜなら――

シマノ「17アルテグラ」になぜ失望したのか?マグナムライトローターはどこへ?

17アルテグラ(リール)に失望?でも16ナスキーとは決定的な違いが…_001
16ナスキーと15ストラディックの間を埋めるスピニングリールとなる「17アルテグラ」。それは価格的なことだけではありません。

17アルテグラは14ステラ(18ステラ)を頂点とする「コアソリッドシリーズ」(※)に連なるリールとしても、16ナスキーと15ストラディックの間を埋めるスピニングリールなっているのです。

(※)適度な慣性を持つ高剛性ローターが生み出す「しっとりとした質感のある回転フィーリング」を特徴とするシリーズ

しかし、これがガッカリしたと言われる原因。

なぜなら、17アルテグラの旧モデルとなる12アルテグラは「CI4+製マグナムライトローター」を装備し、16ヴァンキッシュを頂点とする「クイックレスポンスシリーズ(※)」に連なる軽量スピニングリールだったからです。

(※)軽量・コンパクトな低慣性ローターが生み出す「巻出しの軽さ・優れたリーリング感度」を特徴とするシリーズ

クイックレスポンスシリーズとして進化した17アルテグラの姿を思い描いていたのに、蓋を開けてみればまさかのコアソリッドシリーズ……。

小さな番手を愛用するライトゲームアングラーは、マグナムライトローターを失い、自重も大幅に増加した17アルテグラには特にガッカリしているかもしれません。

製品名 17アルテグラの自重 12アルテグラの自重
1000 200g 185g
C2000S 205g 190g
2500 240g 240g
2500S 240g 240g
C3000HG 240g 235g
4000 285g なし
4000HG なし 270g
4000XG 285g なし

17アルテグラなら16ナスキーで十分?しかし2つのリールには決定的な違いがある

shimano_17ultegra_004
コアソリッドシリーズに名を連ねるリールとなった「17アルテグラ」。それならば同じように「HAGANEギア」「X-SHIP」「コアプロテクト」「Gフリーボディ」と豪華装備を手に入れ、価格では5,000円近く安価な「16ナスキー」で十分だと考える人もいるかもしれません。

しかし、2つのリールの間には決定的な違いがあります。

それはスプールを上下させる「摺動機構」です。

16ナスキーは「S字カム」方式。

対して、17アルテグラは「クロスギア(ウォームシャフト)」方式を採用しています。

17アルテグラだけではありません。シマノのスピニングリールのフラッグシップモデルである「ステラ」を始め、「ヴァンキッシュ」も「ツインパワー」も「ストラディック」も全て”クロスギア方式”です。

つまり、シマノでは中~上位機種にはクロスギア方式を採用します。

それはなぜか?

シマノ曰く「クロスギア方式の方が綺麗に巻く(ラインを巻き取る)ことができるため、次のキャストをストレスなく快適に行うことができる、遠くへ投げることができるから」です。しかし、パーツ点数が増えるため、メンテナンス・調整・精度を出すのが難しくなるという点もあります。

それにシマノが中~上位機種にクロスギア方式を採用しているからといって、S字カム方式が劣るわけではありません。2大メーカーとしてシマノとしのぎを削り、シマノのスピニングリールよりも巻きが軽いと言われてきたダイワのスピニングリールの多くは「S字カム」方式です。

加えて、フィッシングショーで摺動機構についてシマノのスタッフに話を伺ったところ、S字カムの方が世界では主流だと言っていた……ような気もします。ということは逆に”シマノだからできること”だとも捉えることもできるかもしれません。

他にも17アルテグラと16ナスキーには差があります。

製品名 17アルテグラ 16ナスキー
HAGANEギア
X-SHIP
マグナムライトラーター × ×
コアプロテクト
Gフリーボディ
AR-Cスプール
S A-RB 1 0
海水対応
ハンドル取付タイプ ねじ込み式 キャップ固定式
ワンピースベール × ×

1つはハンドル。17アルテグラは12アルテグラ同様にガタが少ない「ねじ込み式ハンドル」。16ナスキーは「キャップ固定式ハンドル(供回り式)」です。

2つ目は今回のモデルチェンジの目玉の1つかもしれない防水機構「コアプロテクト」。16ナスキーが”ボディ部のみ”なのに対して、17アルテグラは”ボディ部””ラインローラー部”に採用されています。ただ、これは喜んで良いのかどうなのか……。

ラインローラー部のコアプロテクトに関しては賛否両論あり、2017年には「分解掃除、注油OK」なラインローラー(Xプロテクト)が出てきましたし。果たして……?

期待されたベール――12アルテグラがモデルチェンジを果たした際に失った「ワンピースベール」は、17アルテグラでも戻ってくることはなかったようです。

シマノ「17アルテグラ」のスペック・発売日

製品名 ギア比 最大ドラグ力(kg) 自重(g) 最大巻取長(cm) 糸巻量(lb-m) PE糸巻量(号-m) ベアリング 価格(円)
1000 5.0 3.0 200 66 1.5-120 0.8-240 5/1 15,800
C2000S 5.0 3.0 205 66 3-110 0.6-150 5/1 15,800
C2000HGS 6.0 3.0 205 79 3-110 0.6-150 5/1 15,800
2500 5.0 9.0 240 73 2.5-160 1-320 5/1 16,800
2500S 5.0 4.0 240 73 5-100 0.8-150 5/1 16,800
2500HGS 6.0 4.0 240 88 5-100 0.8-150 5/1 16,800
C3000 5.0 9.0 240 73 5-100 1-400 5/1 16,800
C3000HG 6.0 9.0 240 88 2.5-160 1-400 5/1 16,800
3000XG 6.2 9.0 250 91 2.5-160 1-400 5/1 19,000
4000 4.8 11.0 285 77 3-190 1.5-320 5/1 19,000
4000XG 6.2 11.0 285 99 3-190 1.5-320 5/1 19,000
C5000XG 6.2 11.0 285 105 4-170 2-320 5/1 20,000

シマノ2017年新作スピニングリール「17アルテグラ」の発売日は2017年2月。絶賛発売中です。

最初の1台として、追加する1台として「17アルテグラ」を検討してみてはいかがでしょうか?

シマノ/SHIMANO シマノ新製品 2017年

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます