タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ダイワ「シルバーウルフ AGS」はプロスペックのチニングロッド!

     チニングロッド, 動画  

ダイワ「シルバーウルフ AGS」はプロスペックのチニングロッド!

チヌゲーム(チニング)の本場オーストラリアと日本のコラボレーションによって生まれたDAIWA(ダイワ)のチヌゲーム用ブランド「SILVER WOLF(シルバーウルフ)」

今回はそんなシルバーウルフブランドから2016年新発売となるチヌ・キビレゲーム用ロッド「SILVER WOLF AGS(シルバーウルフAGS)」を紹介します。

スポンサーリンク

ダイワ「シルバーウルフAGS」

daiwa_silverwolf_ags_002
シルバーウルフブランド発のロッド「シルバーウルフAGS」。オーストラリアで人気のチヌゲーム(チニング)のトーナメントで活躍するトッププロ達の知識と経験、そしてダイワの最新の技術によって生まれたプロスペックロッドです。

ブランクにはレジン量を減らし、軽量・高感度を実現する超高密度カーボンSVF、ネジレを抑制してパワーロスを防ぎ、操作性・パワー・感度を向上させるX45、ハニカム構造のカーボンシートによって高い復元力をもたらす3DXを採用。

シルバーウルフAGSはAGS採用
そして、ガイドにはダイワが誇る軽量・高剛性・高感度なAGS(エアガイドシステム)を採用。

オーストラリアのトーナメンター達はもちろん、日本のチヌゲームにも高次元で対応できる使いやすいロッドに仕上がっているようです。

シルバーウルフAGSを動画で解説


シルバーウルフAGSの開発に関わったというダイワオーストラリアのGreg Seetoさんと日本の中山聡さんらによる解説動画です。

シルバーウルフAGSのラインナップと

シルバーウルフAGSのファーストラインナップは5機種。

701LXS
701ULFS
722LXS
742LRS
762ULXS

日本のチヌゲームでメインとなるトップウォーターゲーム、ボトムゲームに加え、これから開拓していきたいというクランクベイトやシャッドなどを用いた中層の釣りにも対応できるラインナップとなっているそうです。

5機種のうち「701LXS」と「701ULFS」の2機種は、ソルトのロッドとしては珍しく1ピースロッドです。購入を考えている方はご注意ください。

ソルティストAGS CN(チヌ)と比較

オーストラリア発のチニングロッドとなる「シルバーウルフAGS」と日本発のチニングロッドのフラッグシップモデルとなる「ソルティストAGS CN」のスペックを比較してみましょう!

レングス

製品名 シルバーウルフAGS ソルティストAGS CN
レングス 2.13~2.29m 2.29m / 2.36m

レングスはシルバーウルフAGSが7フィート~7フィート6インチなのに対し、ソルティストAGS CNは7フィート6インチと7フィート9インチのラインナップ。

ソルティストAGS CNが長いというよりは、シルバーウルフAGSに短いロッドがラインナップされていると言った方がいいかもしれません。

パワー

製品名 シルバーウルフAGS ソルティストAGS CN
パワー UL / L ML / LML

適合ルアー、適合ライン

製品名 シルバーウルフAGS ソルティストAGS CN
適合ルアー 1-7g / 2-10g 2-10g / 4-15g
適合PEライン 0.15 – 0.4号 0.2-0.8号 / 0.3-0.8号

シルバーウルフAGSはパワー表記がUL(ウルトラライト)L(ライト)のみ。適合ルアーは1-7gと2-10g、適合PEラインは0.4号までとソルティストAGS CNなど日本発のチヌゲーム用ロッドに比べると少しライトなラインナップと言えるかもしれません。

自重

製品名 シルバーウルフAGS ソルティストAGS CN
自重 110~120g 89g / 95g

自重はシルバーウルフAGSが110~120gであるのに対し、ソルティストAGS CNは89gと95g。ソルティストAGS CNの2機種の方がレングスが長く、パワー表記が強いにも関わらず、かなり軽い仕上がりとなっています。

ただ、シルバーウルフAGSを実際に使用した中山聡さんは「シルバーウルフAGSはまず軽い!凄く軽い!」と言っていますので、かなりバランスが良く、数字以上に軽く感じるロッドなのかもしれません。

デザインはソルティストAGS CNがシンプルなのに対し、シルバーウルフAGSはブランクやグリップ周りにレッド、オレンジなどのカラーが使用されており、少し目立つロッドになっています。

価格

製品名 シルバーウルフAGS ソルティストAGS CN
価格 45,000~48,000円 47,000円

 
価格は4万円台半ば~後半とほぼ同じ価格帯です。

スペック

製品名 全長(m) 継数 仕舞寸法(cm) 自重(g) ルアー(g) PEライン(号) ライン(lb) 先径/元径(mm) 価格(円)
701LXS 2.13 1 213 115 2-10 0.15-0.4 3-8 1.3/10.9 46,000
701ULFS 2.13 1 213 110 1-7 0.15-0.4 2-6 1.2/9.9 45,500
722LXS 2.18 2 150 120 2-10 0.15-0.4 3-8 1.3/10.9 47,000
742LRS 2.24 2 154 120 1-7 0.15-0.4 2-6 1.3/10.9 47,500
762ULXS 2.29 2 157 115 1-7 0.15-0.4 2-6 1.2/9.9 48,000

オーストラリアのトッププロ達が磨き上げたという「シルバーウルフAGS」で、日本のチヌ・キビレを攻略してはいかがでしょうか?

ダイワ/DAIWA チニング(チヌ・キビレ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます