タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

スキンズ A200 アームカバーの効果をレビュー!良い点・悪い点まとめ

     アパレル  

スキンズ A200 アームカバーの効果をレビュー!良い点・悪い点まとめ

プロ・アマ問わず、釣り人の間でもコンプレッションウェアを着用している人が増えてきているような気がします。気がしませんか?あの体に張り付いたピッチピチのアレです。

タックルニュースをご覧の皆さんの中にも使っているよ!という方もいるだろうと思います。

今回は釣り人の間でも注目を集めている?コンプレッションウェア――SKINS(スキンズ)「A200 エッセンシャルズ メンズスリーブ(アームカバー)」を実際に使用してみてわかった良い点・悪い点をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

SKINS「A200 エッセンシャルズ メンズスリーブ」の効果は?

コンプレッションウェアと一言で言っても上半身を覆う長袖のシャツタイプ?のものもあれば、半袖やノースリーブタイプのものもあります。また下半身も足首まで覆えるタイツタイプのものもあれば、ハーフパンツや脹ら脛周りだけを覆うものもあります。

今回紹介するのは手首から二の腕までをカバーしてくれるコンプレッションウェア――アームカバーです。冒頭の画像のものが私が実際に使用しているスキンズのアームカバーです。

そもそもコンプレッションウェアって何なの?という方もいらっしゃるかと思いますので、まずはその解説から。

コンプレッションウェアとは――

コンプレッションウェアとは、身体をコンプレッション(圧を加える)することにより筋肉の無駄な動きを妨げ、疲労を軽減させ、アスリートの持つ最高の能力とパフォーマンスを引き出すことを目的に作られているウェアです。
引用:コンプレッションウェアとは|トレーニングウェア比較

のことなんだそうです。

アームカバーを実際に着用すると確かにコンプレッション――腕周りがキュッと締め付けられます。最初の頃は少し窮屈さすら感じました。しかし、着用して釣りを始めて見ると、その強いフィット感・窮屈さとは裏腹に、腕の動きが阻害されることは全くありません。

むしろ、アームカバーの締め付けによって筋肉の無駄な動きが抑制され、腕がシャープになったような感覚すら覚えます。いや、どうだろ……。

それではここからはアームカバーを着用して感じた具体的な効果について確認していきます。

力が倍増!パワーアップ効果!

身体を適度に締め付けることで筋肉の無駄な動きを無くし、最高の能力とパフォーマンスを引き出す、なんて言われたら、すっごい効果があるんじゃないか?って気がしますよね。

人間は本来持つ力の2割~程度しか引き出せていないなんて話もありますし。

なので、コンプレッションウェアを着用すれば眠っている力を引き出せる。今までよりもタックルが軽く感じたり、力強いキャスティング、フッキング、ファイトができるかもしれない。

そんな効果を夢見て「A200 エッセンシャルズ メンズスリーブ」を半年以上にわたって愛用してきましたが、力が倍増したり、パワーアップしたなと感じたことは一度もありません(笑)

私個人は。

ファイテンのアクアチタンX30が採用されているという某アームカバーも持っていますが、少なくとも私個人はアームカバーによって力がアップしていると感じたことはありません。

ただ、腕が上手く使えるようになったというかスムーズに動かせる、スムーズに振れるようになったような感覚はあります。

疲労軽減効果

力が増幅するような効果を感じることはできなかったアームカバー。期待外れだなと思った方もいるかもしれません。でも、ブラウザを閉じるのはちょっと待ってくださいね。

力がアップしなくても付ける価値は十分にあると私は思っています。なぜならアームカバーを付けることによる確かな疲労軽減効果を実感しているからです。

釣りをしている最中こそアドレナリンが出ているから、かどうかはわかりませんが、疲れを感じることはありません。いや、あります。まーそれは肉体的にではなく精神的な疲労が多いのですが……。

しかし、帰りの車の中だったり、家で後片付けをしているときだったり、翌日などに、急に「あ、なんか腕がダルいな」とか「腕が痛いな」と疲労を自覚することがあります。

でも、アームカバーを愛用し始めてからはそれがほとんど無くなった気がします。これも個人差あるかもしれませんが、少なくとも私個人は疲労軽減に関しては確かな効果を実感しています。

ただ、連日のようにロッドを振りまくっていると釣りをしているときにも痛くなりますが(苦笑)

日焼け対策・吸汗速乾

アームカバーには日焼け防止効果も期待できます。なぜなら、スキンズのコンプレッションウェアにはUPF50+という紫外線保護指数を持つ素材が採用されているからです。

まー長袖を着ているのと同じようなもんですからね……。

でも、アームカバーには吸汗速乾機能も期待できるため、夏場の暑い時期でも汗がダラダラと体を伝って不快になるということはありません。

だからといって通気性に優れていて快適!とは言えません。やっぱり夏場は蒸れますし、暑いです。しかし、汗でベッタベタのヌッチャヌチャになったことはありませんし、アームカバーを外した後は感覚ほどベタついていないような……?

悪い点

アームカバーには良い点ばかりではなく不満点もあります。

それは何度も着用しているとアームカバーがズレやすくなる点です。

ロッドを何度も何度も振ることになる釣り。動作を繰り返していると二の腕あたりからアームカバーがズレ落ちるようになってきます。さすがに肘から先の部分まで落ちてくるということはありませんけども。

それでも肘のちょっと上あたりでダボついた感じになってしまい、気持ちが悪いというか気になります。半袖ならすぐに直すことができるのですが、長袖ならそうもいきません。なので、ぜひとも滑り止めの工夫をして欲しいなと思います。

今のところ思いつくのはこれぐらいですが、また何かあったら追記していきたいと思います。

まとめ

個人的にはアームカバーは買って良かったなと思っているアイテムです。ルアー数個分で購入できる価格ですから、試しに導入してみるのも悪くないと思います。

ただ、効果には個人差があるかもしれませんし、サイズ選びに失敗すると効果が期待できない可能性もあります。できることなら試着してから購入することをオススメします。

あと偽物もあるみたいですから購入する際は正規取扱店で購入した方が良いでしょう!と言いながら自分の物が偽物だったら恥ずかしいです(照)

SKINS/スキンズ ブラックバス シーバス フラットフィッシュ エギング アジング・メバリング チニング(チヌ・キビレ) ショアジギング ジギング・オフショア トラウト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます