タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ダイワ「スティーズカバーチャター」ならカバーも怖くない!使い方を解説

     バス釣り用ルアー, 動画  

スティーズカバーチャターならカバーも怖くない!使い方を解説

色々なメーカーから様々な特徴を持ったものがリリースされ、日本でも定番ルアーの1つとして認知されてきた「チャターベイト(ブレーデッドジグ)」

今回はDAIWA(ダイワ)のスティーズルアーから新発売となるチャターベイト「STEEZ COVER CHATTER(スティーズカバーチャター)」を紹介します!

スポンサーリンク

ダイワ「スティーズカバーチャター」はガード付き!

「スティーズカバーチャター」はそのルアーネームが示すように、カバー周りでの使用を想定したチャターベイト(ブレーデッドジグ)となります。

そのため、スティーズカバーチャターのヘッド部には、チャターベイトとしては珍しいラバージグのようなガードが取り付けられています。これこそがスティーズカバーチャターの最大の特徴であり、これまでのフックが剥き出しのチャターベイトでは攻めるのが難しかった、攻めるのを躊躇するようなポイントでも恐れることなく攻めることを可能にします。

サイズは今のところ3/8ozのみのラインナップとなっていますが、今後、重いもの(1/2ozや5/8oz)や軽いもの(1/4oz、3/16oz)も出てくるのではないでしょうか。

立ち上がりの早いブレード

スティーズカバーチャターはカバー周りを攻略するために、根掛かりを回避してくれるガードだけでなく、立ち上がりの早さを追求したブレードを採用しています。

そのため、スティーズカバーチャターは巻き始めた瞬間からアクションを開始します。

daiwa_steez_cover_chatter_002
なので、やりやすいというスキッピングでこんなカバーの奥に入れてやれば、助走距離を必要としないため、カバーの奥からチャターベイト特有のブルブルブルブルというアクションでアピールすることができるのです。

スティーズカバーチャターの特徴を動画で解説


赤羽修弥プロによるスティーズカバーチャターの解説動画です。興味のある方はぜひご覧ください。

スティーズカバーチャターの使い方

スティーズカバーチャターの使い方は、他のチャターベイトなどと同じように、基本的にはただ巻くだけです。ボトム付近を探りたいときはスローに巻いたり、水面直下を探りたいときは速く巻いたりとリトリーブスピードやロッドの上げ下げでレンジをコントロールします。

また、スティーズカバーチャターはカバーの奥に入れて使うことも想定しているため、基本的には千鳥アクションが自動的にに発生することはないそうです。しかし、グイッと一瞬リトリーブスピードを上げてやることで千鳥アクションを発生させることができます。

なので、ここだ!という場所でアングラーの意思で、千鳥アクションを発生させることによって、バイトチャンスを作ってやることができます!

スティーズカバーチャターのカラー

スティーズカバーチャターのファーストカラーラインナップは13色。

ブラック
ホワイトチャート
ブルーギル
ゴーストシュリンプ
ブラックブルー
シルバーホワイト
チャートゴールド
ハス
クロキン
ザリガニ
ウォーターメロンブルーフレーク
オキチョビクロー
サマークロー

水の色や天候など、その日の状況に合わせて選べるような豊富なカラーラインナップが揃っています。

個人的にはブラックブルー、ザリガニ、オキチョビクローあたりが欲しいですね。

スティーズカバーチャターのフック

スティーズカバーチャターのフックには#3/0という大きめのフックが採用されています。

そして、そのフックにはダイワが誇る表面処理テクノロジー「SaqSas(サクサス)」が採用されているため、大きくてもサクッと刺さる貫通力を持ったものになっています。

スペック

製品名 スティーズカバーチャター
ウエイト 3/8oz
フック #3/0(サクサス)
価格 1,100円

チャターベイトの新たな選択肢としてスティーズカバーチャターをセレクトしてみてはいかがでしょうか?これまで獲れなかったバスが獲れるようになるかもしれませんよ?

ダイワ/DAIWA ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます