タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

活チヌ スナモグラー55でチヌを攻略!特徴を実釣解説!(動画あり)

     チニング用ルアー, 動画  

活チヌ スナモグラー55でチヌを攻略!特徴を実釣解説!(動画あり)_001

いやー暑くなってきましたね。本格的な夏の暑さのことを思うと少し憂鬱です。こんにちは。

今回はエコギアアクアから新発売のチヌゲーム用のNEWワーム「活チヌ スナモグラー55」を実釣解説動画と共に紹介します!

スポンサーリンク

エコギアアクア「活チヌ スナモグラー55」

活チヌ スナモグラー55でチヌを攻略!特徴を実釣解説!(動画あり)_002
チヌを攻略するために開発された活チヌシリーズ第2弾ワーム「スナモグラー55」

スナモグラー55はその名前から何となく想像が付くように、黒鯛(チヌ)のエサ釣りでは定番らしい「スナモグリ」をイミテートしたワームとなります。ちなみにスナモグリは見た目的には完全にエビなんですが、ヤドカリの仲間だとかなんとか。

活チヌ スナモグラー55のアーム

スナモグラー55の特徴はやはり1対のシャッドテールタイプのアームです。

アームの先がシャッドテールになっているタイプのワームは他社のチヌ用ワームにも見かけるのですが、スナモグラー55のアームはその中でも特に小さめ(アーム自体は肉厚に見えますが)。

そのためアームをブルンブルンと大きく振り回すのではなく、少しの水流にも反応してプルプルプルプルとアームをタイトに震わせてアピールし、ステイ中の自発的アクションにも期待できそうです。

またスナモグラー55は信頼と実績のエコギアアクア素材であるため、アクションだけでなく味と匂いでもチヌを魅了すること間違いなしです!

それではスナモグラー55の解説&実釣動画を確認してみましょう!

エコギアアクア「活チヌ スナモグラー55」でチヌを攻略(動画)


活チヌ スナモグラー55について解説してくれるのは、エコギアのライトゲームではお馴染みの三好仁数さんです。

動画では活チヌ スナモグラー55の特徴だけでなく、活チヌシュリンプとの使い分けについても解説されています。興味のある方はぜひご確認ください。

活チヌ スナモグラー55のカラー

活チヌ スナモグラー55のファーストカラーラインナップは6色。

ナチュラルチャートグロウ(夜光)クリスタル+ブラックフレーク
ホヤイエロー ブラックフレーク
澄み潮オリーブ クリスタル+ブラックフレーク
ミストホワイト クリスタル+ブラックフレーク
フジツボシェル クリスタル+ブラックフレーク
湾奥マッド クリスタル+ブラックフレーク

シュリンプと同じカラバリですね。

個人的には澄み潮オリーブあたりが好みですかね。

活チヌ スナモグラー55のスペック

製品名
活チヌ スナモグラー55
全長
55mm
入数
6
価格
600円

夏だっていうのに財布の中身は冬のように寒い私からするとちょっと高いですね。1個50~60円前後だとうれしいんですが。

エコギア/ECOGEAR チニング(チヌ・キビレ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます