タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

スーパーSGプラスが進化!SGプラスとは全くの別物!重さも価格も

     バス釣り用ルアー  

WBA世界フライ級”レギュラー王者”の井岡一翔選手が勝ったみたいですね。大晦日はレベコとの再戦ではなく、WBA世界フライ級”スーパー王者”のエストラーダやロマゴンと戦って、今度こそ階級最強を証明して欲しいものです。こんばんは。

今回はイマカツから生まれ変わって新発売となる「SUPER SG Plus(スーパーSGプラス)」をスペック(全長/重さ)・価格・発売日と共に紹介します!

スポンサーリンク

イマカツ「スーパーSGプラス」

後にアユロイドなどにも受け継がれるショック・ジョイントダンパーによってI字とS字を使い分けることができたS字系ジョイントベイト「SGプラス」

スーパーSGプラスが進化!SGプラスとは全くの別物!重さも価格も
そのSGプラスの進化系となる「スーパーSGプラス」はS字系ビッグベイト?の後継機ではなく、ビッグサイズのジャークベイトという位置づけになる新しいルアーのようです。

水中に入った瞬間に水をしっかりと掴むことができるため、ジャークベイトのように水中を(上下)左右にダートさせるだけでなく、オフショアキャスティングゲームのように水面をバシャバシャと水飛沫をあげながら跳ねさせるのも有効みたいです(驚)

SGプラスとはどこが違う?

スーパーSGプラスには新たにソフトマテリアル製――エラストマー――の(ボディに対して)大きそうなテールを装備。そのためワームと一緒にすると溶けるので注意が必要でしょう。

サイズは(SGプラスの)全長150mmから145mmに、自重も35gから30gへと少し小さくなっています。

日本で最も人気のある180mmクラスのビッグベイトではサイズが……ってときにこの145mmサイズのスーパーSGプラスは大きな武器になってくれるのだとか。

またタックルを多く持ち運べないオカッパリで重宝されるミディアム、ミディアムヘビークラスのロッドで十分扱えるサイズでもあります。

更に価格もサイズが小さくなったのに伴い?、3,800円から2,800円へと大幅に安くなっているのはうれしいところです。

背針仕様

またSGプラスの特徴の1つである背針仕様も進化しています。SGプラスでは背中に搭載したシリコンフックホルダーによってダブルフックを固定していました。

しかし、スーパーSGプラスではアユロイドなどと同じようにトレブルフック(固定方法は違います)を装備することができるスリット(フロントのみ)が新たに設けられています。

何やらボトムで使ったときかなりヤバイそうですよ?

スーパーSGプラスのカラー

スーパーSGプラスのファーストカラーラインナップはイマカツ自慢の3Dリアリズム塗装を施したリアルな12色?

3D砂喰鮎
3D落鮎
3Dハス(オス)
3Dハス(メス)
3Dハイビズ砂喰鮎
3Dハイビズ落鮎
3Dハイビズハス(オス)
3Dハイビズハス(メス)
3Dゴースト砂喰鮎
3Dゴースト落鮎
3Dゴーストハス(オス)
3Dゴーストハス(メス)

いきなり12色全てが出荷されるのかはわかりませんが、12色も出ればどれか1色くらいは買えそうですね。12色は全てハスとアユと派生カラーばかりみたいですし。

スペック・価格・発売日

製品名 スーパーSGプラス
全長 145mm
自重 30g
価格 2,800円(税別)

発売日は2015年9月29日を予定しているようです。地域やショップによっては29日よりも遅くなるところもあるかもしれません。

またスーパーSGプラスの他に、先月発売になったばかりの「ギルロイド」や「ジンクスミニスーパーブレードTG シェルラミネート」、エコトーナメントでも使えるFeco認定の「メタルクロースピン」なども再入荷となるようです。

欲しいアイテムがある人は要チェックですね!

イマカツ/IMAKATSU ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます