タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

タトゥーラHLCが新登場!村上晴彦の遺伝子がここに!G1ジュラルミンスプール搭載!

     ベイトリール  

琵琶湖の浜で磨き込まれ、琵琶湖の浜のような場所で大遠投するために生まれた村上晴彦監修のベイトリール ダイワ「ZILLION HLC(ジリオン ハイパーロングキャスト)」

2015年、ハマジリオンことジリオンHLCの名前と遺伝子を受け継ぐリール「TATULA HLC(タトゥーラ ハイパーロングキャスト)」が新発売となります!

スポンサーリンク

タトゥーラHLC

  • タトゥーラHLCが新登場!村上晴彦の遺伝子がここに!G1ジュラルミンスプール搭載!

ライン放出をスムーズにするパカパカしないTWS(T-Wing System)とHLC(ハイパーロングキャスト)スプールとの運命の出会いによって生まれたリール「タトゥーラHLC」

ギア比はハマでの遠投を考えてハイギア仕様の7.3:1(7.3R-TW/7.3L-TW)とスーパーハイギア仕様の8.1:1(8.1R-TW/8.1L-TW)の2種類。パーツカラーはパープル(紫)となっています。

HLCスプール

タトゥーラHLCをタトゥーラHLCたらしめるパーツであり、最大の魅力となるHLCスプール。スプール素材には、ダイワベイトリールのフラッグシップであるスティーズリミテッドやT3 AIRと同じG1ジュラルミン素材を採用しています。

このG1ジュラルミンは、ジリオンHLCのスプールに採用されている超々ジュラルミン素材の約1.3倍の強度を持っているそうです。

またピーキーと言われたジリオンHLCとは異なり、マイルドなキャストフィールになっているそうです。

ただ、スプール径がジリオンは36mm、タトゥーラは34mmなんですよね……。

ブレーキシステム

ブレーキシステムはHLCスプールを搭載しているので当然マグフォースZ-LD(ロングディスタンス)チューンを採用(オリジナルタトゥーラはマグフォースZ)。これはジリオンHLCにも採用されていたブレーキタイプです。

ハンドル

タトゥーラHLCのハンドルは、オリジナルタトゥーラの80mmクランクハンドルから、US版と同じ90mmのロングクランクハンドルへと変更になっています。またベアリングも2BB仕様に。

スペック&価格

価格はオリジナルタトゥーラから7,400円アップとなる32,400円。実売価格は2万円台前半でしょうか。

発売は2015年5月を予定しているそうです。

製品名
タトゥーラHLC
ギア比
7.3/8.1
自重
220g
ドラグ力
5kg
巻取長
77cm/86cm
糸巻量
14-105,16-90(lb-m)
ベアリング
7/1
価格
32,400円

2016年以降にでもNEWジリオンHLCが出る布石なのかなという気もします。

ダイワ/DAIWA ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます