タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

タトゥーラCT/タイプRがコンパクトに格好良く進化!ダイワいいね!

     ベイトリール  

daiwa_tatula_ct_typer_005

ベイトリールのフラッグシップモデル「スティーズSV TW」に、「ジリオンSV TW」と人気リールが目白押しとなった2016年のダイワ。さすがにもう終わりだろうと思っていたら、まさかまだ発表されていないリールがあったとは……。

というわけで今回はDAIWA(ダイワ)から隠し球として2016年新発売となりそうなベイトリール「TATULA CT & TATULA CT TYPE-R(タトゥーラCT & タトゥーラCT タイプR)」を紹介します。

スポンサーリンク

ダイワ「タトゥーラCT & タトゥーラCT タイプR」


2013年にダイワベイトリールとして初めてパカパカしないTWS(T-Wing System)を搭載し、大きな注目を浴びた「TATULA(タトゥーラ)」

そのタトゥーラの派生モデルにして初のコンパクトモデルとなるのが「タトゥーラCT」と「タトゥーラCT タイプR」のようです。

それでは気になる「タトゥーラCT」と「タトゥーラCT タイプR」のスペックを予想しながら見ていきましょう。

タトゥーラTCはコンパクトボディ?

剛性の高いボディを持ち、アメリカの過酷なトーナメントシーンでも活躍できるタフさが魅力の1つだった「タトゥーラ」シリーズ。そのタフさはタトゥーラの名を冠した「タトゥーラCT」、「タトゥーラCT タイプR」も同じ。

daiwa_tatula_ct_typer_006
更にタトゥーラCTはタフさに加えて「コンパクトさ」も謳ったベイトリールとなっています。なので、タトゥーラCTは、ジリオンSV TWがジリオンTWから一回りコンパクトになったように、オリジナルタトゥーラから一回りコンパクトなボディになっているかもしれません。

とはいえ、オリジナルタトゥーラ自体、大きめのリールのようなイメージがありますが、ボディの幅は特別幅広というわけではなかったので、コンパクトサイズになっていれば、手の小さな人でもよりパーミングしやすく感じるかもしれませんね。自重は軽くなっています。

コンパクトサイズのTWS

daiwa_tatula_ct_typer_002
剛性面と共にタトゥーラシリーズの大きな特徴だったのがターンアラウンドスタイルのTWS。もちろん、「タトゥーラCT」、「タトゥーラCT タイプR」にも採用されています。
 

タトゥーラCTはジリオンSV TWと同じコンパクトサイズのTWS?
ただし、オリジナルタトゥーラに採用されているTWSと同じではないかもしれません。もし、タトゥーラCTのボディがコンパクトサイズになっているとすれば、それに合わせてTWSもまたコンパクトサイズになっているのではないかと思われます。

ジリオンSV TWに新採用されたコンパクトでありながら放出性能は同等というあのTWSです。

スプールと互換性

タトゥーラCTのボディがコンパクトサイズになっているならば、もう1つサイズが変更になっているパーツがあります。

スプールです。

従来のタトゥーラシリーズのスプールは、スプール径は34mmとスティーズやT3(エアを除く)と同じだったものの、スプール幅が27mmと幅広スプールでした。

しかし、ボディがコンパクトになるに伴ってスプール幅も狭くなっているかもしれません。スプール径自体は34mmかなとは思いますけど。

あとスプールで気になることがもう2つ。1つはスプールの素材に関してです。タトゥーラCTは他の(日本版)タトゥーラ同様に超々ジュラルミン製かなと思いますが、タイプRの方はもしかしたらG1ジュラルミン製という可能性も……あるかもないかも。

もう1つはスピードシャフトの採用。タトゥーラCTのスプールがシャフトレス化された34mm径スプールであれば、ジリオンSV TWなどと互換性がある可能性が出てきます。となると、SVスプールを搭載することが可能になり、夢が広がりますね!

また、スプール幅が狭くなり、スプール重量が軽くなっていれば、タトゥーラCTは従来のタトゥーラよりも軽量なルアーに対応できるリールになっているかもしれません。

タトゥーラCT&タトゥーラCT タイプRの重さ(自重)

コンパクトになったタトゥーラCT&タトゥーラCT タイプRは自重も軽くなっています。

製品名 タトゥーラ HD HLC CT CT タイプR
自重(g) 220 230 220 210(7.4oz) 204(7.2oz)

タトゥーラCTの自重は日本版オリジナルタトゥーラよりも10g軽い約210g(7.4oz)。タトゥーラ タイプRはそこから更に6g軽い約204gとなっています。

ジリオンTWよりも軽く、16ジリオンSV TWにも迫る軽さになっています。

カラー

タトゥーラCTとタトゥーラCT タイプRはスペック以外に、カラーでも差別化が図られています。

タトゥーラCT 100HS ギア比7.3
タトゥーラCTはブラック?ボディに、スプール、メカニカルブレーキ、ハンドルリテーナーに差し色としてレッドを使ったカラーリング。タイプRではありませんが、タイプRっぽいカラーですね。いい感じ!

それに対して

タトゥーラ CT/タイプRがコンパクトに進化!ダイワいいね!
タトゥーラCT タイプRはボディとスプールがブラック?、サムレスト、メカニカルブレーキ、ハンドルリテーナー、リールフット?がレッドになっています。スティーズリミテッドSV TNっぽい色使いですね。好き嫌いが分かれそうです。

ギア比・ラインナップ

タトゥーラCTのギア比によるラインナップは4種類。

タトゥーラCT 100P(100PL):5.5のローギア
タトゥーラCT 100H(100HL):6.3のハイギア
タトゥーラCT 100HS(100HSL):7.3のスーパーーギア
タトゥーラCT 100XS(100XSL):8.1のエクストラハイギア

オリジナルタトゥーラと同じギア比のラインナップです。

対して、タトゥーラCT タイプRは3種類。


タトゥーラCT タイプR 100H(100HL):6.3のハイギア
タトゥーラCT タイプR 100HS(100HSL):7.3のスーパーーギア
タトゥーラCT タイプR 100XS(100XSL):8.1のエクストラハイギア

スペック・発売日

製品名 ギア比 自重 ドラグ力 巻取長 ライン ベアリング 価格
タトゥーラCT 不明 不明 不明 不明 不明 不明 不明
タトゥーラCT TYPE-R 不明 不明 不明 不明 不明 不明 不明

詳しいスペックや価格、発売日は不明です。日本で発売されるかすらわかりません。

タトゥーラCT タイプRの日本発売が決定!

発売されればジリオンSV TWよりも安い価格帯のリールとなるでしょうから、かなり魅力的なリールになりそうです!

詳細が分かり次第追記したいと思います。

ダイワ新製品 2016年 ダイワリール 2016年モデル ダイワ/DAIWA ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます