タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

真冬でも釣れるビビッドクルーズの使い方を解説&実釣

     バス釣り用ルアー, 動画  

  • 真冬でも釣れるビビッドクルーズの使い方を解説&実釣

フィッシュアローの提供でお送りする無料で楽しめるバスフィッシング動画「THE STRONG POWER BAIT」。Vol.82は、商品名連呼でお馴染みの松本猛司さんが和歌山県の椿山ダムを舞台に、先日発売となったばかりのマグネットシステムを採用した新世代スイムベイト フィッシュアロー「Vivid Cruise(ビビッドクルーズ)」の使い方などを解説&実釣します。

スポンサーリンク

松本さんオススメのタックル

ビビッドクルーズを使うときに松本さんがオススメするロッドは、ティップが適度に入る6フィート6インチ以上でレギュラーテーパーぐらいのミディアムヘビークラスのジグやワームを操作できるロッドだそうです。

松本さん自身はダイワのスティーズ「フランカー – 701MHFB-SV」を、リールは発売となったばかりのダイワ「TATULA 103H-TW」を使用しているようです。ラインは14、16lb。

動画:THE STRONG POWER BAIT Vol.82 和歌山県・椿山ダム (BASS)

スペック

製品名
ビビッドクルーズ
全長
150mm
自重
1oz
価格
1,800円

フィッシュアロー/Fish Arrow アピスTV THE STRONG POWER BAIT ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます