タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

タイニーギリングの使い方と特徴を実釣解説!重さ・価格・発売日は

     バス釣り用ルアー, 動画  

タイニーギリングの使い方と特徴を実釣解説!重さ・価格・発売日は_001

朝までエアコンをつけていると体調が良くないし、タイマーを入れると途中で目が覚めるし。エアコンの温度設定がなかなかうまくいかないものです。こんにちは。

今回はGEECRACK(ジークラック)から2015年新発売となる「TINY GILLING 75(タイニーギリング75)」を、使い方や特徴、水中でのアクションが確認できる動画と共に紹介します!

スポンサーリンク

ジークラック「タイニーギリング75」

ブルーギルをイミテートした3連ジョイントボディを持つジョイントベイト「ギリング」シリーズ

タイニーギリングの使い方と特徴を実釣解説!重さ・価格・発売日は_002
全長165mmのギリング165全長125mmのギリング125に続くサイズにして、シリーズ最小サイズとなるのが「タイニーギリング75」です。

全長が75mm、自重が約10gとなるタイニーギリングは手のひらにすっぽりと収まり、バスの口の中にもすっぽりと収まりそうな食べ頃サイズの一口サイズ。

その分、バスのサイズを選ぶことは難しくなるでしょうが、使うタックルを選ばない使いやすそうなサイズです。

実際、下に貼ってある動画ではスピニングタックルで使用していますし、約10gありますからML~Mクラスのベイトタックルでも快適に使えそうなルアーです。

タイニーギリングの使い方と特徴を動画で実釣解説

ただ巻きで使えばサイズ感以上のアクションを魅せてくれるというタイニーギリング。ロッドアクションを加えれば、165や125といった大きなサイズとは違ったクイックなアクション――180度ターンなど――を魅せてくれます。

それでは実際にタイニーギリング75が水中でどのようなアクションを見せてくれるのか?動画で確認してみましょう!


タイニーギリングの使い方や特徴を実釣を交えながら解説してくれるのはジークラック動画でお馴染みの黒田精司さんです。

照りつける真夏の太陽に負けることなく、夏のキーポイントである流れ、影、水温を意識しながらの釣りを展開します!

タイニーギリングのスペックと発売日

製品名
タイニーギリング
全長
75mm
自重
約10g
価格
2,200円

発売は当初2015年6月下旬頃と言われていましたが、今のところまだ発売されていません。しかし、もうまもなく発売になるとかどうとか。

もうしばらく期待して待ちましょう!

ジークラック/GEECRACK ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます