タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ニンジャがバスマスターズクラシックに挑む!釣りニンジャのぶらぶら旅

     バス釣り用ルアー, 動画  

ニンジャがバスマスターズクラシックに挑む!釣りニンジャのぶらぶら旅

ニンジャことセンドウタカシさんがDUEL(デュエル)のハードルアーときどき他のルアーも使って、ブラックバスと年に数度他魚種も狙う釣り動画「釣りニンジャのぶらぶら旅」。

今回はいつものゆる~い感じの釣りではなく、1発勝負の1位にしか意味がないガチンコのトーナメントに挑みます!

スポンサーリンク

バスマスターズクラシックにニンジャが挑む!

釣りニンジャのぶらぶら旅のトーナメントといえば、優勝すれば無料でアメリカのトーナメントに参加できる桐山孝太郎プロとバスキャット社共催の「アメリカンドリームトーナメント(通称アメドリ)」がお馴染み。

2015年も師匠と慕う西村嘉高プロと共に参戦していたようですが、今回のニンぶらで追いかけるトーナメントはアメドリではありません。


ニンジャがレギュラー参戦しているJAPAN B.A.S.S. NATION(バスオブジャパン)のトーナメント「BASSMASTERS CLASSIC(バスマスターズクラシック)」です。

いつものニンぶらとは違う、トーナメント独特の空気、緊張感溢れるニンぶらは必見です!

JAPAN B.A.S.S. NATION(バスオブジャパン)

え!?全米最高峰のトーナメント「バスマスタークラシック」に挑戦だって!?いいえ、バスマスター”ズ”クラシックです。なんだ、名前が似ているだけか……思うなかれ、この2つは全くの無関係というわけではないのです。

実はバスオブジャパンはバスマスタークラシックを開催しているBASSの下部組織(日本支部?)の1つであり、トーナメントを勝ち抜いていけば、夢のバスマスタークラシック出場権を得ることができる団体なのです。

つまり、将来ニンジャが本場アメリカの「バスマスタークラシック」に出場し、釣りニンジャのぶらぶら旅で追いかけるということもありえるわけです。

夢が広がります!というわけでニンジャの伸るか反るかの大一番をお見逃しなく!

野尻湖ランバージャック

トーナメントに参戦しようともニンぶら飯はありますよ!今回ニンジャが訪れたのはバスマスターズクラシックの会場となった野尻湖の湖畔に立つ「ランバージャック」

野尻湖といえばランバージャックのオムカツカレー!?
ニンジャが注文したこちらのメニューは、何やら裏メニューなんだそうですよ?

野尻湖で釣りをした際にはぜひランバージャックでお腹を満たしてはいかがでしょうか?

ちなみに私の今日のご飯はカレーに決定です。

釣りニンジャのぶらぶら旅 デュエル/DUEL センドウタカシ(ニンジャ) ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます