タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ニンジャグライダー(デュエル)はなぜ釣れるのか?その秘密と使い方を解説!

     バス釣り用ルアー, 動画  

ニンジャグライダーはなぜ釣れるのか?その秘密と使い方を解説!ニンぶら_001

ニンジャことセンドウタカシさんが日本全国のフィールドのブラックバス(ときどき別のターゲットも)を、DUEL(デュエル)のハードルアーのみ(ときどき別のルアーも)で攻略する釣り動画「釣りニンジャのぶらぶら旅」

今回はそんな「釣りニンジャのぶらぶら旅」の最新作を、「ニンジャグライダー180SS」の特徴・使い方と共に紹介します。

スポンサーリンク

デュエル「ニンジャグライダー180SS&ニンジャスイマー180F」でバス連発!


ニンジャがバスマスターズクラシックに挑戦して以来、約3ヶ月ぶりとなるみんな大好き「釣りニンジャのぶらぶら旅」。Youtubeのコメント欄にも「心待ちにしていました」的なコメントが並んでいます。私も今か今かと待っていました。

そんなニンぶらファンが一日千秋の思いで待っていた最新回は、ニンジャが自身がプロデュースする2つのビッグベイト「ニンジャスイマー180F」「ニンジャグライダー180SS」を使って、広島県福山市のブラックバスを攻略します!

動画ではニンジャグライダー180SSの特徴と使い方がニンジャ自身によって丁寧に解説されています。

ニンジャグライダー180SS

ニンジャグライダーはなぜ釣れるのか?その秘密と使い方を解説!ニンぶら_002
ニンジャことセンドウタカシさんが長年あたためてきたというS字系ビッグベイト「ニンジャグライダー180SS」

サイズは全長180mm、自重75g(約2.65oz)、タイプはスローシンキング。元祖S字系ビッグベイト「ジョインテッドクロー178」よりも大きく重いサイズで、タックルを選びそうなサイズです。

S字からI字へ、様々な使い方ができるニンジャグライダー180SS

ニンジャグライダー180SSの最大の特徴は、チューニングする必要なく、リトリーブスピードだけでアクションに変化を付けられるところです。

ニンジャグライダー180SSはミディアムリトリーブではゆったりとしたワイドなS字を描き、ファストリトリーブではヒラを打つようにボディをロールさせながらS字を描きます。

逆にリトリーブスピードを落としていくとS字の幅が徐々に小さくなっていき、最終的には動かない――I字引きを可能にします。

そのため、ニンジャグライダー180SSはS字で喰わせることもできるし、I字で喰わせることもできる。S字で寄せてI字で喰わせる、I字で寄せてS字で喰わせるなど様々な使い方、誘い方ができます。

なので、チェイスしてくるんだけどバイトには至らない、といったビッグベイトにありがちな状況を打破することができる切り札となってくれるかもしれません。

セミフラットボディ

ニンジャグライダー180SSのボディは、ハードコアミノー フラットを手掛けたニンジャらしい、と言っていいかわかりませんが、ボディ側面がセミフラットになっています。

ニンジャグライダーはそのフラット面で強く水を押すとともに、ボディを倒すような特徴的なグライドアクション(S字アクション)によって、強烈なフラッシングでアピールし、遠くから深いところからバスを寄せることができるそうです。。

チューニングしやすいボディ

ニンジャグライダー180SSは、ニンジャスイマー180F同様に、ボディ側面だけでなく、背中側とお腹側もフラットになっています。

なので、浮力を調整する板オモリや視認性を高めるマーカーなどが貼りやすくなっています。

ニンジャグライダー180SSはスローシンキングタイプなので、逆に浮力を高めるフローティングボードのようなアイテムを使用し、(スロー)フローティングタイプにしてもいいでしょう。

また、ボディではありませんが、トレブルフックをフェザーフックに変えて、フックの存在感を消すと共にアクションを変えてもいいかもしれませんね。

カラー

ニンジャグライダー180SSのファーストカラーラインナップは10色。

ゴールドアユ
ホロシャッド
ウグイ
チャートリュース
ゴーストパールチャートバック
メタリックゴーストアユ
レインボートラウト
ギザードシャッド
ボーン
シャッド

個人的にはゴーストパールチャートバック、シャッドあたりが欲しいですね。

ニンジャグライダーとニンジャスイマーの価格がステキ!

ニンジャグライダーとニンジャスイマーは180mmクラスながら、デュエルらしいお財布に優しい価格設定になっています。

ジョインテッドクロー178などの180mmクラスのS字系ビッグベイトが5,000円近くするのに対し、ニンジャグライダーとニンジャスイマーは(お店によっては)3,000円前後で購入することができるのです!これはうれしい!

やはりビッグベイトを使用するときにネックになるのは、サイズと価格ですからね。このくらいの価格なら壊れてもいいやと際どいところをガンガン狙える、かどうかわかりませんが、心理的な負担は小さくなるかもしれません。

ニンジャグライダー180SSのスペック

製品名 ニンジャグライダー180SS
全長 180mm
自重 75g
タイプ スローシンキング
フック #1
リング #5
価格 オープン

サイズ的にリーズナブルな価格のビッグベイト「ニンジャスイマー180F」と「ニンジャグライダー180SS」。この2つのビッグベイトでニンジャのようにブラックバスを攻略してみてはいかがでしょうか?

ご飯はお預けな釣りニンジャのぶらぶら旅

duel_ninja_glider_003
今回の釣りニンジャのぶらぶら旅は久しぶりにご飯シーンなしでした……。釣り動画だから「ご飯シーンなんて無くて当たり前」といえば当たり前かもしれませんが。

ただ、今回は前後編に分かれているので、動画後編に締めとしてご飯シーンを持ってきているのかもしれません。なので、ニンジャスイマーとニンジャグライダーによる春爆のシーンと共に期待して待ちたいと思います。

釣りニンジャのぶらぶら旅 デュエル/DUEL センドウタカシ(ニンジャ) ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます