タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ユニオンギルスイマーのダートが半端ない!藤木淳プロが思わず笑うレベル!

     バス釣り用ルアー, 動画  

ユニオンギルスイマーのダートが半端ない!藤木淳プロが思わず笑うレベル!_001

今回はFLASH UNION(フラッシュユニオン)から新発売となるブルーギル型スイムベイト「UNION GILL SWIMMWER 130(ユニオンギルスイマー130)」を、ヤバすぎる水中アクション動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

フラッシュユニオン「ユニオンギルスイマー130」

uniongillswimmer_005
ユニオンスイマーに続く、フラッシュユニオン第2弾スイムベイトとなる「ユニオンギルスイマー130」。その名の通り、ブルーギルをイミテートしたスイムベイトで、ユニオンスイマー同様に巻けば潜り、止めればプカ~ッと浮いてくるフローティングタイプのスイムベイトとなります。

ユニオンギルスイマー130はユニオンスイマー譲りの、しかしユニオンスイマーよりも若干大きな「スティンガーステップダウンテール」と呼ばれるシャッドテールを装備しており、

ユニオンギルスイマーはユニオンスイマー譲りのシャッドテールを装備
デッドスローでもしっかりと大きくブルンブルンとアクションし、早く巻いても安定したアクションを実現します。

また、大きなシャッドテールを装備していながらも、ユニオンギルスイマー130はジャークを加えれば、ジャークベイトを彷彿とさせるようなダートアクションを演出することが可能です。この大きく左右に飛ぶようなダートアクションのヤバさには、思わず藤木淳プロも笑ってしまうほどです(笑)

それではそのユニオンギルスイマーのヤバすぎる水中アクションや特徴がわかる動画を見てみましょう。

ユニオンギルスイマーの水中アクションが半端ない!使い方を解説


ユニオンギルスイマーの特徴や使い方を水中アクションを交えながら解説してくれるのは、ユニオンギルスイマーを手掛けるフラッシュユニオン代表の藤木淳プロです。

ユニオンギルスイマーに興味のある方、それ以外の方もぜひユニオンギルスイマーが魅せる前代未聞のダートアクションを動画でご覧ください。

何度でもフックを固定できるフックホールドシステム

ユニオンスイマーのフックホールドシステム
ユニオンギルスイマーはユニオンスイマー同様に、ベリー部にトレブルフックを簡単にしっかりと何度でも固定できる「フックホールドシステム」を採用しています。

このボディとは異なるシリコン素材のスリットにフックを固定することによって、ユニオンギルスイマーはボディを傷つけることなく、何度も刺し直したためにボディがグズグズになるということもなく、何回でも何十回でも安定して固定することができます。

また、常に安定して真っ直ぐにフックを固定できるため、フックの刺し方が悪くてスイミング姿勢が崩れる、ということもありません。

それでいてバスがバイトしてきたときには簡単に外れ、しっかりとフッキングすることができるようです。

ユニオンギルスイマーはゼロフリクションコート採用のフック搭載でフッキング抜群!
更にフックアイとフックの間にはスイベルを採用していり、バレにくくする工夫も施されています。

ユニオンギルスイマーのフック

ユニオンギルスイマーは、ゼロフリクションコートと呼ばれるフック表面にフッ素加工を施したノガレス製のトレブルフックを標準装備。

刺さりやすく、強度もあるフックでなので、ビッグバスが掛かっても、強引なファイトをしても安心です!

ユニオンギルスイマーの耐久性

ユニオンギルスイマーは優れたアクションと耐久性を実現するために、ボディの外側と内側で異なるマテリアルを採用。

ボディ外側にはソフトなマテリアルを採用し、デッドスローでもアクションするレスポンスの良さと艶めかしいアクションを実現。

ボディ内側には「インナースーパーコア」と呼ばれるハードなマテリアルを採用し、魚を釣っても簡単には壊れない――中のワイヤーが抜けてしまったり、ボディが裂けてしまったり――ような強度・耐久性を実現しています。

事実、ユニオンギルスイマーと同じマテリアル構造を採用しているユニオンスイマーは非常に高い耐久性を見せ、あまりに壊れない――シーバスを20匹以上釣ってようやくボディが裂けたとかなんとかかんとか――ため、藤木淳プロも「しまった……」と思っているそうです(笑)

ユニオンギルスイマーのカラー

ユニオンギルスイマーのファーストカラーラインナップは現時点では不明です。

ただ、ユニオンギルスイマーはブルーギル型スイムベイトですので、ブルーギルらしいカラーがラインナップされることは間違いないでしょう。

動画に登場しているチャート系カラー(これもギルっぽいカラーですが)やフィッシングショーで展示されていたレッド系カラーなどが名を連ねるのではないでしょうか。

わかり次第追記したいと思います。

ユニオンギルスイマーの発売日・スペック

製品名 ユニオンギルスイマー 130
全長 130mm
自重 不明
価格 不明

ユニオンギルスイマー130の発売日は2016年7月下旬頃を予定しているようです。

価格は不明ながらユニオンスイマー155が3,000円前後だったことを考えると、ユニオンギルスイマーもそれくらいの価格になるかもしれません。

日本メーカー発のスイムベイトとしては少し高く感じますが、藤木淳プロが後悔?するほどの耐久性を誇るルアーですから、コスパは高いのではないでしょうか。

発売された折には、ぜひこのユニオンギルスイマー130でビッグバスを攻略してみてはいかがでしょうか?

画像は一部を除いてユニオンスイマー。

フラッシュユニオン/FLASH UNION ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます