タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

村上晴彦×バレーヒル「ライトゲーム用ロッド」開発スタート?

村上晴彦さんといえばバスフィッシングのイメージが強いと思います。しかし、最近ではissei海太郎ブランドからソルト向けアイテムをリリースしていることもあり、バスだけでなくソルト(ライトゲーム)方面でのメディア出演も目立ってきています(かつてメ組というのもありましたが)。

そんなSWライトゲームも嗜む村上晴彦さんとバレーヒルが新たにライトゲーム用ロッドを開発するのでは?という情報がありましたので紹介します。

スポンサーリンク

村上晴彦×バレーヒル ライトゲーム用ロッド

一昨年、バレーヒルを展開する谷山商事のオーシャントレイルブランドからリリースとなったライトゲーム用ロッド「月匠・碧」。表向きは大人の事情なのか何なのか村上晴彦さんプロデュースではないということになっていますが、村上さんプロデュースのロッドです。

その月匠・碧に続く村上晴彦さん監修のライトゲーム用ロッドの開発を予見させるような

そろそろ村上さんとのモノづくり、再始動かな…
(。-_-。)
引用:再始動かな…|ロッドプランナーのブログ

なんて言葉とロッドを前にした村上さんの写真が、バレーヒルのロッドプランナーを務める藤井伸二さんのblogに掲載されています。

村上晴彦×バレーヒル「ライトゲーム用ロッド」開発スタート?

この様子を見るにロッドの開発であることは間違いなさそうな気がします。

机の上に並んでいる3本のロッドは月匠・碧の3本(GAS-611ULS/GAS-70UL/GAS-77ULS)だと思いますが、今後ここに新たな番手が追加となるのか、それとも全く新しいロッドシリーズのお目見えとなるか。

詳しくはわかりません。しかしどちらになるにしても大注目のロッドになることは間違いありません!

個人的に

村上さんがメバリングやアジングをしている動画を見るとハートランドシリーズを使っていることが多い気がするので、ぜひともハートランドシリーズにも負けないライトゲーム用ロッドを作って欲しいなぁと思います。

村上晴彦 バレーヒル/Valleyhill アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます