タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

バレーヒル(邪道・whiplash factory等)も価格改定(値上げ)

     ルアー, ロッド  

バレーヒル(邪道・whiplash factory等)も価格改定(値上げ)

ダイワ、シマノに続き、釣り具の総合メーカーであるバレーヒルが、原材料の高騰、円安、原油価格の高騰を理由に、2014年2月1日から一部ブランド・一部アイテムの価格改定(値上げ)を実施するそうです。

スポンサーリンク

価格改定対象ブランド

2014年2月1日からの価格改定の対象になるブランドはバレーヒル(フレッシュ・ソルト)邪道(ソルト)ウィップラッシュファクトリーKAMIKAZEの4つ。

値上げ幅は各アイテムによって異なり、例えばウィップラッシュファクトリーならサーペントライジングシリーズ4機種(XSR-701GX/XSR-705SX-R/XSR-707ZX/XSR-711XX)が2,500~3,500円値上げ。
バレーヒル(ソルト)のティップランエギングで人気のスクイッドシーカーシリーズは30~50円の値上げ。
バレーヒル(フレッシュ)ではTGシンカーやジャコビー、オヤビーなどが10~430円値上げ。
邪道(ソルト)ではヨレヨレや冷音、スーサンなどが値上げとなっています。

他にも数多くのアイテムが値上げ対象となっていますので、各自バレーヒル価格改定リストでご確認ください。

邪道/JADO バレーヒル/Valleyhill ブラックバス シーバス エギング 雷魚

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます