タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ダブルフラッシュスピンでバスを攻略!使い方と特徴を解説!

     バス釣り用ルアー, 動画  

以前よりも定形外郵便の荷物が届くのが遅いような気がします。あくまでも気がするだけですが。こんばんは。

今回はGETNET(ゲットネット)から2015年遂に発売となる次世代ジグスピナー「ダブルフラッシュスピン」の使い方・特徴を解説してくれる実釣動画と共に紹介します!

スポンサーリンク

GETNET「ダブルフラッシュスピン」

ダブルフラッシュスピンでバスを攻略!使い方と特徴を解説!
スピナーベイトとスイミングワームの融合をコンセプトに、GETNETが送り出す次世代型ジグスピナー「ダブルフラッシュスピン」

ダブルフラッシュスピンは、フラットサイドボディを持つジャスターフィッシュやジャスターシャッドと組み合わせて使うことを考えて作られたジグスピナーなんだそうです。

そのため、スイミングさせたときには綺麗なロールアクションが、何かにコンタクトしたときにはリアクションバイトが誘えるようなヒラ打ちアクションが出せるように開発されているとかなんとかかんとか。

またダブルフラッシュの名の通り、ブレードに加えてプロップを装備しており、2つのパーツが水を攪拌すると共にフラッシングによるアピールにも期待できます。

スピナーベイトとの違い

ダブルフラッシュスピンはスピナーベイトとは異なり、ヘッドとアームが固定されていません。それゆえにヘッド部の可動域が広く、取り付けるワーム本来のアクションを大きく損なうことがありません。

そのため、取り付けるワームの種類によって、取り付け方によって異なるアクションを楽しむことができます。

更にダブルフラッシュスピンはスピナーベイトに比べて抵抗となるパーツが少ないので、飛距離を稼ぐことができます。またブレードを交換することによってアピール力や浮き上がりやすさを調節することもできそうです。

それではダブルフラッシュスピンが水中ではどのように動くのか?動画で確認してみましょう!

ダブルフラッシュスピン実釣解説動画


GETNET代表にして琵琶湖ガイドとしても活躍している杉戸船長こと杉戸繁伸さんによる実釣解説動画です。

スペック・発売日

製品名 ダブルフラッシュスピン
ウエイト 3.5g/7g/10.5g/14g
価格 不明

今年のフィッシングショーでお披露目となったダブルフラッシュスピン。いよいよ、2015年10月に発売になるようです。

今では使っている人も多くないであろうジグスピナー。だからこそ、使ってみたいダブルフラッシュスピン!発売が待ち遠しいものです。

ゲットネット/GETNET ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます