タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ジグザグベイト80Sのジグザグでシーバス攻略!ポジドライブガレージ第2弾

     シーバス・ショア用ルアー  

ジグザグベイト80Sのジグザグでシーバス攻略!ポジドライブガレージ第2弾

シーバスフィッシングの人気アングラーRED中村さんとルアーデザイナー飯村英明さんが立ち上げた期待のメーカー「POZIDRIVE garage(ポジドライブガレージ )」

今回はそのポジドライブガレージから2016年新発売となるNEWルアー「ZIGZAG bait 80S(ジグザグベイト80S)」を、ジグザグアクションが確認できる動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

ポジドライブガレージ「ジグザグベイト80S」

フリルドスイマー115に続く、ポジドライブガレージ第2弾ルアーとなる”フランクサッパ80S”改め「ジグザグベイト80S」

全長80mm、自重17gのジグザグベイト80Sの扁平かつやや体高のあるボディ形状は、シンキングペンシルというよりもバイブレーションのように見えます。しかし、ジグザグベイトはシンキングペンシルでもなければバイブレーションでもなく、ポジドライブガレージ曰く「リップレススイムベイト」なんだそうです。

その最大の特徴は――

ジグザグアクションと使い方

ジグザグベイトの最大の特徴は、ルアーネームの由来ともなったであろう特徴的なアクション――S字を描くジグザグアクションです。

そのジグザグアクションはただ巻くだけで、誰でも簡単に演出することができるのです。更に、リトリーブスピードを変えてやるだけで、S字の幅やピッチを操ることができます。また、ロッドアクションを加えてやればヒラを打つようなイレギュラーなアクションを演出することもできます。

なので、ジグザグベイトはリトリーブスピードに緩急を付けたり、ロッドアクションを織り交ぜたりすることで、使い方の幅も広がり、デイゲームでもナイトゲームでも活躍してくれるルアーになっています。

それではジグザグベイトのジグザグアクションを動画で確認してみましょう!

ジグザグベイト80Sの水中アクション動画

飛距離

ジグザグベイトはマグネット重心移動システムを搭載しています。そのため、キャスト時に(恐らく)クルクルと回転することなく、安定した飛行姿勢で飛距離を稼ぐと共に、テーリング(フックが)も抑制してくれることでしょう。

ジグザグベイト80SをRED中村が解説


ジグザグベイト80SをRED中村さん自身が解説してくれる動画です。動画後半にはライフジャケットに取り付けることができる便利なアイテム「ポジドライブガレージオリジナルポーチ」の解説もあります。

ジグザグベイト80Sのカラー

ジグザグベイト80Sのファーストカラーラインナップは豊富な12色。

レッドヘッドパール
レッドヘッド/フォイル
ボラ
トウゴロウ
サッパ
CBP(チャートバックパール)
CH・モヒート
CHGR(チャートヘッドゴールドレッド)
SMB(スモークブラック)
WEB(ホワイトブルーアイ)
BBC(ブルーバックチャート)
GLS(ゴーストライムシャッド)

個人的にはチャートバックパール、ホワイトブルーアイあたりが好みです。

スペック・発売日

製品名 ジグザグベイト80S
全長 80mm
自重 17g
タイプ シンキング
フック #4
価格 1,800円

発売は2016年春――3月末~4月頃を予定しているようです。

発売された折には、ジグザグベイトでランカーシーバスを魅了してはいかがでしょうか?

ポジドライブガレージ シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます