タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

スティーズ「ファイアウルフ」はオカッパリにベストなロッド!

     バスロッド  

steez_firewolf_002

DAIWA(ダイワ)バスロッドのフラッグシップモデルとなる「STEEZ(スティーズ)」。様々なリグやルアーに対応したスペシャルなロッドが揃うシリーズです。

今回はそんなスティーズシリーズに2016年新たに追加となるオカッパリ専用ロッド「SC 6111M/MHRB – FIREWOLF (ファイアウルフ)Shore Competition(ショアコンペティション)モデル」を紹介します!

スポンサーリンク

スティーズ「ファイアウルフ – SC 6111M/MHR」

スティーズ「ファイアウルフ」はオカッパリにベストなロッド!
スティーズシリーズ初のオカッパリ専用ベイトロッドにして、ショアコンペティションモデル第1弾となる「ファイアウルフ(SC 6111M/MHRB)」。東レのナノアロイ®テクノロジーを使ったSVFナノプラスが初めて採用されたモデルでもあります。

そんなファイアウルフをプロデュースするのはもちろんオカッパリのプリンス川村光大郎さん

究極のバーサタイル性能を求めたファイアウルフ

このロッドがあればオカッパリは十分というくらいの究極のバーサタイル性能を目指して開発されたロッド「ファイアウルフ」

張りを持たせたレギュラーテーパーのアクションに、軽量なルアーを快適にキャストし、操ることができ、クランクベイトなどへのバイトも弾かないソフトなティップ、足場の限られたオカッパリでも確実に獲ることを可能にするミディアムヘビーパワーのバットを持ったロッドであり、

川村光大郎さんが溺愛するバーサタイルロッド ブラックレーベル「PF701MFB」とベイトフィネスロッド スティーズ「ウェアウルフ(661MFB-SV)」、という2つのロッドの優れた性能を1本にまとめたロッドとなります。

ファイアウルフはベイトフィネスから中重量級のビッグベイトまで投げられる、まさにオカッパリアングラーのためのロッドです!

ファイアウルフの対応ルアー

ファイアウルフは、PF701MFBが得意としたスピナーベイト、バズベイト、テキサスリグ、ラバージグなどの撃つ釣り・巻く釣りに、ウェアウルフが得意としたノーシンカーリグ、スナッグレスネコ、ダウンショットリグなどに加え、クランクベイト、バイブレーション、ビッグベイトなど、およそオカッパリで必要となるルアー・リグに対応。

これらの軽量ルアーから中重量ルアーまで快適に扱うために、ストレスフリーバーサタイルを謳うリール「スティーズSV TW」や「ジリオンSV TW」などと合わせるのがいいかもしれませんね!

スペック・発売日

製品名 ファイアウルフ(SC 6111M/MHRB)
全長 2.11m
継数 1
自重 112g
先径/元径 1.8/12.8mm
ルアー 3.5-28g(1/8-1oz)
ライン 8-20lb
カーボン含有率 100%
価格 61,500円

ボートのように何本ものロッドをルアーごとに揃え、持ち替えるということができないオカッパリにおいて、何よりもどんなロッドよりも心強い味方となってくれそうなファイアウルフ。

発売は2016年2月を予定しているようです。どうも発売は2月よりも後、未定?になってしまったようです。

川村光大郎ファンはもちろん、それ以外の人も、ファイアウルフでオカッパリを楽しんではいかがでしょうか?

川村光大郎 ダイワ新製品 2016年 ダイワ/DAIWA ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます