バス釣り用ルアー

バンタム スウェジーは動きとタフさを両立!チューンで使い方の幅が広がるスピナーベイト!

投稿日:

今回は理想とするアクション(バイブレーション)とタフさを両立したスピナーベイト――SHIMANO(シマノ)「Bantam Swegy(バンタム スウェジー)」を、アクション動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

シマノ バンタムブランド初のスピナーベイト「バンタム スウェジー」

バンタム スウェジーは動きとタフさを両立!チューンで使い方の幅が広がるスピナーベイト!_001
イヨケンこと伊豫部健さん、ロボ奥田こと奥田学さん、山木一人さんをメンバーに迎え、2016年に復活を遂げたシマノ伝説のブランド「Bantam(バンタム)」

”10年先、20年先も使い続けられるようなモノ”を目指して開発されているバンタムブランド初のスピナーベイトにして、山木一人さんの拘りがうんと詰まったスピナーベイトが「スウェジー」です。

拘りのBtアーム

バンタム スウェジーは理想のアクション、バイブレーションとタフさを実現するために、ロアアーム(ヘッド側のワイヤー)とアッパーアーム(ブレードが付いている側のワイヤー)で太さが異なるバンタムアームが採用されています。

といっても太さが異なる別々のワイヤーを繋いで1本にしているわけではなく、徐々に細くなっていくテーパードワイヤーになっているわけでもありません。

バンタムアームは1本のワイヤーながら、伸びたり折れたりしにくいタフさを備えた0.95mmのロアアームと、ブレードが起こすバイブレーションをヘッドに伝達し、スカートを艶めかしく揺らし、スピナーベイト全体を震わせる0.6mmの細いアッパーア-ムで構成されています。

そのためスウェジーは1匹釣るごとに伸びたワイヤーを直したりする必要はなく、すぐに次のキャストに移ることができ、性能を落とすことなく、理想とするアクションを長く体感することができるスピナーベイトになっているようです。

スイミング性能を安定させるハイブリッド素材のヘッド

バンタム スウェジーはヘッドに鉛ではなく、タングステン(≠樹脂タングステン)錫(すず)を採用しています。

鉛よりも比重の重いタングステンをヘッド下側に、鉛よりも比重の軽い錫(すず)をヘッド上側に採用することによって、バンタム スウェジーは低重心化され、立ち上がりが良く、ファストリトリーブでも何かにコンタクトさせても安定したスイミング姿勢とスイミング性能を発揮することができるスピナーベイトになっています。

それでは、バンタム スウェジーの水中アクション動画を確認してみましょう。

バンタム スウェジーの水中アクション動画と解説動画


バンタム スウェジーの特徴を山木一人さんが解説してくれる動画です。


こちらはバンタム スウェジーの水中アクションが確認できる動画です。

スポンサーリンク

バンタム スウェジーはチューンで使い方の幅が広がるスピナーベイト!

バンタム スウェジーはアングラーが簡単にチューンを行うことができるような工夫がされたスピナーベイトになっています。

フィッシングショーなどで実物を見た人は「これ何だろう?」と気になったことでしょう。


そう、バンタム スウェジーはチューンを可能にする”専用のアイ”がヘッドの下辺りに設けられているのです。

スウェジーはこのアイにシンカーを付けて下のレンジを狙ったり、ブレードを付けてアピール力をアップさせたり、フック――バジングやガーグリングのように根掛かりの心配のない水面~水面直下ならトレブルフックやフェザーフックなど――を付けてフッキング率の向上を狙ったりなど、アイディア次第で様々な使い方ができるようになっています。

実際に試したシマノスタッフの方にフィッシングショーで使い方を伺ったところ「試しにブレードを付けてみたらかなり釣れた」というようなことをおっしゃっていました。

なので、スウェジーを購入された方はチューンも楽しんでみてはいかがでしょうか?

バンタム スウェジーのカラー

バンタム スウェジーのファーストカラーラインナップは7色。

  • 209:チャートホワイト(シルバー/ゴールド)
  • 139:ピンクワカサギ(シルバー/シルバー)
  • 201:クロキン(ゴールド/ゴールド)
  • 214:タイダルキラー(シルバー/ゴールド)
  • 241:キャンディブラック(ゴールド/ゴールド)
  • 251:ホワイト(シルバー/ゴールド)
  • 256:チャート(ゴールド/ゴールド)

()内はブレードのカラー。

個人的にはチャートかチャートホワイトが欲しいですね。

スペック・発売日

バンタム スウェジーはウィローリーフブレードが前後に付いたDW(ダブルウィロー)と前がコロラドブレード、後ろがウィローリーフブレードのTW(タンデムウィロー)の2タイプがラインナップ。

サイズは3/8oz1/2ozの2つが用意されています。

製品名 バンタム スウェジー
タイプ DW(ダブルウィロー)/TW(タンデムウィロー)
サイズ 3/8oz、1/2oz
価格 1,790円

価格は3/8oz、1/2oz共に1,790円(税別)。ヘッドに純タングステンを使っているからなのか、スピナーベイトとしてはなかなか強気な価格設定ですね……。

製品名 スウェジー ハイピッチャー クリスタルS Dゾーン DゾーンTG※
価格(税別) 1,790円 1,050円(ECO:1,250円) 1,200円 1,500円 1,700円

実売価格はもう少し安くなるとは思いますし、山木一人さんの拘りが詰まったスピナーベイトですから、それだけの価値を感じさせてくれるスピナーベイトになっていることでしょう。

バンタム スウェジーの発売日は2018年7月頃を予定。既に店頭に並んでいるショップもあるようです。

画像だとSwagyになっているんですが……果たしてSwagyなのかSwegyなのか

バス釣り用ルアー
, ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2018 All Rights Reserved.