タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

Ar.ワームシリンダー誕生!ガルプ汁・ワームの容器に最適!?

     バッグ・ケース  

ガルプ!シリーズのワームってびっくりするぐらい釣れますよね?あまりに釣れるものだから「ガルプはエサと同じ」なんて言う人さえいるほどです。

ただ、取り扱いを間違えると大惨事になりかねない諸刃の剣でもあるのですが……。

今回はそんなガルプシリーズにオススメなArukazik Jpana(アルカジックジャパン)の筒型防水ストッカー「Ar.Worm Cylinder(Ar.ワームシリンダー)」を紹介します!

スポンサーリンク

アルカジックジャパン「Ar.ワームシリンダー」はガルプに最適!?

Ar.ワームシリンダー誕生!ガルプ汁・ワームの容器に最適!?
「Ar.ワームシリンダー」は、防水性に優れた細身の筒型ケースです。

防水ケースであるため、ガルプやエコギアアクアなどの汁がこぼれると阿鼻叫喚の地獄絵図間違いなしの汁系ワームの保管に期待できるケースです。ワームの保管以外にも釣り場で出たゴミの処理や使用済みワームの処理にも便利です。

サイズもΦ32×130mm(20ml)とスリムなケースであるため、バッグに入れても嵩張ることはありません。ポケットに入れても邪魔にならないサイズかもしれません。ペットボトルホルダーにも取り付けることができるようです。

また価格も200円と定番ケースのメイホウVS-L425より圧倒的に安く、ナルゲンのケースよりもサイズによっては安いお手頃な価格になっています。複数買っても失敗しても許容できる価格ではないでしょうか。

縦長のケースってどうなの?

ワームシリンダーはサイズ(Φ32×130mm)からわかるように縦長のケースになっています。そのため、指で取り出すことは難しいのではないかと思います。

そのため、取り出すときのためにピンセットなどを別途用意する必要が出てくるかもしれません。となるとちょっと面倒くさいですよね……。

またワームによっては折れ曲がってしまい、癖が付くことも懸念されます。

なので、家ではメイホウのVS-L425やVS-L430で保管し、釣りに行くときに少量をワームシリンダーに移したり、使用済みのものをワームシリンダーで保管したりと使い分けると良いかもしれません。

Ar.ワームシリンダーのスペック

製品名 Ar.ワームシリンダー
サイズ Φ32×130mm
価格 200円

Ar.ワームシリンダーは数量限定生産になるため、欲しい人は早めに手に取った方が良いかもしれませんよ!

バークレイ/Berkley アルカジックジャパン アジング・メバリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます