タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ピックルワームはゲーリー素材で間違いなし!使い方自在!ティムコ発

     バス釣り用ルアー  

ピックルワームはゲーリー素材で間違いなし!使い方自在!ティムコ発

WBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥選手の試合、少し物足りなかったですね。拳を負傷しながらも試合を完全に支配していたのはさすがでしたけど。こんばんは。

今回はTIEMCO(ティムコ)から2016年新発売となる釣れること間違いなしなNEWワーム「Gary Yamamoto Pickle Worm(ゲーリーヤマモト ピックルワーム)」を紹介します。

スポンサーリンク

ティムコ/ゲーリーヤマモト「ピックルワーム」

ゲーリーマテリアルという釣果が約束されたと言っても過言ではない、唯一無二の素材で形作られた新しいストレートワーム「ピックルワーム 4インチ」

メイガ科の幼虫(=Pickleworm)と同じ名前を与えられたピックルワームは、ボリュームのあるヘッド部に、パドルのようなテール、そしてヘッドとテールを繋ぐ部分が細くくびれたデザインをしたワームです。

サイズは4インチ。今後、大きなサイズや小さなサイズが出てくることもあるかもしれません。ないかもしれません。

優れたキャスト性能

ピックルワームはヘッド部にボリュームを持たせたことによって自重が増え、4インチのストレートワームながら、非常に優れたキャスト性能を誇るそうです。それはスピニングタックルはもちろん、ベイトフィネスタックルでも十分扱いやすいワームになっているとか。

また、ヘッド部にボリュームがあるためネイルシンカーを挿入しやすく、フックもオフセットフック、マスバリ選ぶことなく使用でき、セットしやすくなっているようです。

フックの刺し方でアクションが変化

ピックルワームのテール部は丸みを帯びた円錐形のデザインのように見えるのですが、実際はパドルのように平たくなっているようです?

そのため、フックの刺し方(テールの向き)によってフォール時のアクションやシェイクしたとき、巻いたときのアクション、水押しが変化します。

テールが横向きになるように刺せば、テールの広い面で水を受けることができ、ネコリグで使用すれば移動距離を抑えながら、強く水を押すことが可能です。

逆にテールが縦向きになるようにさせば、テールへの抵抗が減り、横刺しのときよりも弱いアクションで誘うことができます。また、ピックルワームを縦刺しのノーシンカーリグでフォールさせると、水平姿勢を保ったナチュラルなフォールアクションを演出することができるそうです。

なので、その日の状況やフィールドに合わせてフックの刺し方を変えてやれば、良い釣果を得ることができるかもしれません。

使い方・オススメリグ

ピックルワームのオススメのリグはノーシンカーリグ、ジグヘッドリグ、ダウンショットリグ、ネコリグ、テキサスリグ、キャロライナリグなど。(インチ)ワッキーリグやスモラバのトレーラーとして使っても面白いかもしれません。

使い方はシェイクしても良し、フォールさせても良し、ドリフトさせても良し、アングラーの使いたいように使うだけで結果を出してくれそうなワームです。なんといってもゲーリーマテリアルですからね!

カラー

ピックルワームのファーストカラーラインナップは10色。

020:ブラック(ソリッド)
135:スモーク/シルバーフレーク
169:チャート/チャート&ライムフレーク
194:ウォーターメロンペッパー
218:ワインペッパー
297:グリーンパンプキン/ブラックフレーク
331:ゲーリーコーラ
341:ダークブラウンブルーギル
343:ウォーターメロンブルーギル
363:グリーンパンプキン/ブラック&スモールブルーフレーク

個人的にはゲーリーコーラとダークブラウンブルーギルが欲しいですね!

スペック・発売日

製品名 ピックルワーム
全長 4インチ
入数 8
価格 950円

価格は8本入りで950円(税込み1,026円)

発売は2016年5月下旬頃を予定しているようです。

フックの刺し方を変えるだけで異なるアクションが演出でき、1つで2度、3度おいしいワーム「ピックルワーム」。ゲーリーマテリアル採用の間違いなしワームで、ブラックバスを魅了してはいかがでしょうか?

ゲーリーヤマモト ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • ゲスト

    「あるかもしれません。ないかもしれません。」


    もっとまともに記事書いてくれません?全く無意味な表現ですよね?

    • すみだ

      じゃあ見なきゃいいのに(笑)