タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

新生イマカツクランク「ランボルト120V」デビュー!推奨タックル・カラー等、入荷情報

     バス釣り用ルアー  

新生イマカツクランク「ランボルト120V」デビュー!推奨タックル・カラー等、入荷情報_001

今回はIMAKATSU(イマカツ)から2017年、新たなクランクベイトシリーズとしてデビューとなる「RUNVOLT 120V(ランボルト120V)」を、推奨タックル・カラーラインナップ、入荷情報と共に紹介します。

スポンサーリンク

新生イマカツクランク「ランボルト120V」

日本のフィールドを考えて開発されたシステムクランク「IK-クランク(イマカツクランク)」シリーズに変わる、新たなイマカツクランクシリーズとして産声をあげた「ランボルト」シリーズ。

その第1弾クランクベイトとしてデビューとなるのが、スモールクランク「ランボルト120V」です。リック・クランがチューンを施した「タイニーN(ノーマン)」を目指して開発されたクランクベイトなんだそうです。

サイズは全長45mm、自重8g。特徴は今江克隆プロ曰く――

大きさは意外にもワスプ55より小さい48mm。

でもベイトで霞の逆風下でもカッ飛ぶエアロバランス。

ラトルではなく、メイン集中ウエイトがかすかに動く程度の最小限で甘いガタサウンド。

重心移動を敢えて使わず、舐めるようにカバーを回避する固定重心。

6番フロントフックを守るボディーサイドの膨らみと、でっかい4番フックでも負けないウォブルパワー。

水平軌道の1.2mMAXダイバー。

引用:K.IMAE Top Secret

全長45mmの小さなボディに、8gのウエイトと大きなフックを装備しながらも、レスポンスの良いスイミング性能に、ボディ形状と潜るためではなく、フックを守り、障害物を回避するための長めのリップ――IK-クランク譲りの「ワインデッドリップ(ソリマチリップ)」――を装備し、カバーに対する強さを手に入れたクランクベイトが「ランボルト120V」です。

イマカツクランク「ランボルト120V」のカラーと推奨タックル

ランボルト120Vのファーストカラーラインナップは6色。

  • ブラックバックチャート
  • カスミマジック2
  • カレイド霞ジェラシー
  • セクシー大藪シャッド2
  • ブルーバックチャートタイガー
  • 霞ボラ

個人的にはチャート系カラーが大好きなので、ブラックバックチャートかブルーバックチャートタイガーを選びたいところです。

ランボルト120Vの推奨タックルは、

ロッド 6~6.6ft M(ミディアム)クラスのロッド
ライン フロロカーボンライン 10~14lb

イマカツクランク「ランボルト120V」のスペック・入荷日

製品名 ランボルト120V
全長 45mm
自重 8g
潜行深度 MAX 1.2m
価格 1,500円

新生イマカツクランク「ランボルト120V」の入荷日は2017年4月6~7日頃を予定しているようです。地域、ショップによってはそれ以降になるところもあるかもしれません。早いところでは店頭に、通販用に並んでいるところもあるようです。

ランボルト120Vの他、先月発売になったばかりのオカッパリ専用ミノー「ゲキアサ2 アライブローラー」のサスペンドモデルに、ボート用ゲキアサ2となる「ゲキアサ2 フットマジック」や新型ジャバロンのダウンサイズモデル「ジャバロンネオ97」なども入荷となるようです。

イマカツ/IMAKATSU ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます