ベイトリール

17カルカッタコンクエストBFS HGはベイトフィネス機初の丸型&MMギア採用リール!シマノ2017

更新日:

17カルカッタコンクエストBFS HGはベイトフィネス機初の丸型&MMギア採用リール!シマノ2017
シマノが誇る丸型リールの代名詞的リールであり、巻きもの、ビッグベイト用として高い人気を得ているベイトリール「カルカッタコンクエスト(通称カルコン)」

今回はそんな”カルコン”に、FTB(フィネスチューンブレーキシステム)を採用したシマノの2017年最新リールとなる新型ベイトフィネス対応リール「17カルカッタコンクエストBFS HG」を紹介します。

スポンサーリンク

シマノ「17カルカッタコンクエストBFS HG」はベイトフィネスリール初の丸型リール!

カルカッタコンクエストシリーズ初にして、丸型リール初のベイトフィネス対応リールとなる「17カルカッタコンクエストBFS HG」

「16アルデバランBFS XG」など他のベイトフィネス対応リールがノーマルギア(無印)とエクストラハイギア(XG)を揃えてくる中、17カルカッタコンクエストBFS HGはハイギア(HG)「ギア比6.8 / 最大巻取長68cm」のみのラインナップ。

しかしながら、ハイギアモデルと言えども、16アルデバランBFSのノーマルギアモデルと最大巻取長に大きな差はなく、

製品名 17カルカッタコンクエストBFS HG 16アルデバランBFS
ギア比 6.8 6.5
最大巻取長 68cm 65cm

もともと巻き心地、巻く釣りに定評のあるカルコンシリーズのベイトフィネス対応リールということから考えても、17カルカッタコンクエストBFS HGはベイトフィネスのイメージとして強いワーミングよりも、プラッギングに使いたいリールかもしれません。

スプール径も糸巻き量も同じ32mm/8lb-45m

ベイトフィネスリール初のマイクロモジュールギア採用!

削り出し金属フレームが生み出す圧倒的な剛性と耐久性、ガッチリとした金属ボディならではの滑らかな巻き心地に定評のある「カルカッタコンクエスト」を、まさかのベイトフィネス化した「17カルカッタコンクエストBFS HG」

ベイトフィネス対応リールとしては、初の丸型リールというだけでなく、ギアノイズを低減し、より滑らかな巻き心地を実現する「マイクロモジュールギア」初採用のリールでもあります。

17カルカッタコンクエストBFS HGは金属ボディとマイクロモジュールギアの相乗効果によって、もともと定評のあった巻き心地、巻き感度に更に磨きがかかったリールであることは間違いないでしょう。

ただ、剛性と耐久性、巻き心地に貢献している17カルカッタコンクエストBFS HGの重厚感のあるアルミニウムボディは伊達ではなく、ベイトフィネス対応を謳ったリールとしては史上最重量のリールとなります(笑)

製品名 17カルコンBFS HG 16アルデバランBFS XG 15アルデバランBFS XGリミテッド
自重 200g 130g 140g

16アルデバランBFS XGよりも70gも重いという……。それでもベイトフィネスモデルではないカルカッタコンクエストからは20gも軽量化されています。

また、17カルカッタコンクエストBFS HGは重いながらも、パーミングカップ側を小径化したSコンパクトボディを採用しているので、パーミング性能は1サイズ小さなものと同等に感じられるのではないでしょうか。

FTB(フィネスチューンブレーキシステム)&32mmスプール

17カルカッタコンクエストBFS HGはシマノが得意としてきた遠心ブレーキ(SVS)ではなく、マグネットを利用した新しいブレーキシステム「FTB(フィネスチューンブレーキシステム)」とブレーキユニットを切り離すことで更なる軽量化を成し遂げたFTB専用と言えるスプールを採用。

ブレーキ力は外部ダイヤルで簡単に調整できることに加えて、装着するマグネットの数を増減させることができるので、投げるルアーやタックル、自分の腕に合わせて調整することができます。

そんな軽いルアーを快適に扱うために、ベイトフィネスのために生まれたと言っても過言ではないブレーキシステム「FTB」の採用によって、17カルカッタコンクエストBFS HGは、これまで「カルカッタコンクエスト50/51」をベイトフィネス的に使ってきた人達をも満足させることができるリールにもなっているかもしれません。

17カルカッタコンクエストBFS HGの発売日・スペック

製品名 17カルカッタコンクエストBFS HG RIGHT/LEFT
ギア比 6.8
自重 200g
最大ドラグ力 4.0kg
巻取長 68cm
糸巻量 8lb-45m(フロロ)
ベアリング 12/1
価格 54,000円
  • X-SHIP
  • S3Dスプール
  • スーパーフリースプール
  • エキサイティングドラグサウンド

17カルカッタコンクエストBFS HGの発売日は左巻き(左ハンドル)が2017年2月右巻き(右ハンドル)が2017年5月頃を予定。いつも左巻きが遅れるシマノが、まさかの左巻き先行発売に二度見してしまいました(笑)記載ミスじゃなければいいんですけど。

17カルカッタコンクエストBFS HGの質実剛健なボディとマイクロモジュールギアが生み出す滑らかな巻き心地を、フレッシュだけでなくソルトでも体感してはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベイトリール
, ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.