バス釣り用ルアー 動画

冬の1匹を獲るために――河畑塾(動画)

更新日:

なぜ、そこを狙うのか?なぜ、釣れたのか?を考えるバスフィッシングを提唱する河畑塾。今回はシーズナルパターン最後の冬――釣れなければ身体的にも精神的にも最もきつい季節。それだけに1匹の価値がある季節でもあり、釣れたら大きい季節でもあります。
ガイド業など長年にわたる経験から河畑文哉さんは、冬のバスをどのように攻略するのでしょうか。

スポンサーリンク

最低水温前後

最低水温期を迎えるまでと迎えた後では狙うべき場所が異なります。

最低水温期前

まず最低水温を迎えるまで徐々に水温が下がっていく時期は、チャンネルが有効な攻略エリア。チャンネルは水深があるため水が温まりにくく、冷めにくい。水温変化が緩やかで安定しているためベイトフィッシュが溜まりやすい。故にフィーディングエリアにもなり、越冬場所にもなる。

最低水温期後

次に最低水温期以降。全てのエリアの水温が下がりきってしまった後はワンド奥のシャローが熱くなってきます。なぜなら、シャローは水が冷めやすく温まりやすい。故にシャローエリアの水温が上昇したタイミングでフィーディングに上がってくるバスがいるのです。

バス釣り用ルアー, 動画
, ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved.