バス釣り用ルアー 動画

【DUEL新製品発表会2013】 ハードコアXX&ハードコアミノーフラットSP編動画

更新日:

DUEL新製品発表会2013の動画が公開されました。今回はハードコアXXとハードコアミノーフラットSPを取り上げたいと思います。

  • ハードコアXX動画_002

    まずハードコアXX。これはハードコアバスシリーズの最高機種という位置づけなんだそうです。

  • ハードコアXX動画_003

    DUELの売りであるマグネット重心移動システムが搭載されているのは当然なのですが、ウエイトボールにはタングステンが採用されています。これにより過去最高の圧倒的な飛距離を稼ぐことができ、なおかつ着水後はマグネットでウエイトが固定されるので、固定重心のルアーと同じようなレスポンスが得られるのです。更にフルキャストしなくてもウエイトボールが動くような磁力設定にしているそうです。このDUELのシステムは本当に素晴らしいです!
    あとリップにはネオフリクションリップというのが採用されており、水噛みが凄い良くて強いアクションが出るのに、リップの根元から水を逃すことで4mダイバークラスでも楽に巻けるそうです。

  • ハードコアXX動画_004

    またボディには新しい塗装が施されており、衝撃や紫外線に強く、買ったときと同じようなキレイな状態を保つことができるんだそうです。まぁ、これは嬉しい人もいれば、そうでもない人もいそうな気はします。フックサークルやバイトマークでルアーに味が出てくるのを楽しむ人もいますからね。

    他にもレンジ別でルアーアクションを変えてある話だとか詳しくは動画を見てみてください。

  • ハードコアミノーフラットSP_001

    次にハードコアミノーフラットSP。これはニンジャことセンドウタカシプロデュースルアーで、既に出ているフローティングモデルのサスペンド版です。といってもただサスペンド仕様にしたわけではないようです。

  • ハードコアミノーフラットSP_002

    フローティングモデルと何が違うのか?フローティングモデルはタダ巻きメインでハイピッチロールによるフラッシングで食わせる、というコンセプトで作られたのに対し、サスペンドモデルはジャークやトゥイッチで食わせる。このトゥイッチしたときに、潜らせるためにある程度の角度は付けるけれど、出来るだけ水平に近い角度にすることでルアーが上下動することを解消。またキレのあるダートはスライド幅の大きなものとされることがあるけれど、自分の経験上、低活性時やスモールマウスバス、トラウトは目の前から消えるようなダートだと食わないことが多かった。なので、キレは確保しつつ移動範囲の狭い細かく刻むダートができるようにした、そうです。

    あとこちらにもマグネット重心移動システムが搭載されていますが、ウエイトボールはタングステンではないようです。

恐らくどちらも比較的買いやすい価格で出てくるでしょうからお試しに買ってみてはいかがでしょうか。

バス釣り用ルアー, 動画
, , , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2018 All Rights Reserved.