タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

カーボンバイブがマリアから遂にきた!価格と重さ、発売日は?

     シーバス・ショア用ルアー  

2015年、バスフィッシング業界から「サーキットバイブ」&「キーバーン」というボディにメタルではない、基板(サーキットボード)ボディを採用したNEWバイブレーションが発売になり、話題を集めたのは記憶に新しいところです。

今回はソルトから登場となる新機軸――Maria(マリア)発カーボン素材を採用した鉄板?系バイブレーション「CARBON-Vib(カーボンバイブ)」を紹介します!

スポンサーリンク

マリア「カーボンバイブ」は業界初の新型バイブ

カーボンバイブがマリアから遂にきた!価格と重さ、発売日は?
フィッシングショー2015で参考商品として展示され、大きな話題を呼んだNEWバイブレーション「カーボンバイブ」

その最大の特徴は名前から想像がつくように、(マリアが言うところの)「業界初」となるカーボン製プレートを採用したバイブレーションであることです。

サイズは全長65mm、自重18gと全長75mm、自重26gの2サイズ展開。

カーボンバイブの何が凄いのか?

カーボンバイブに採用されたカーボン製プレートは、これまでのメタル素材のプレートよりも1/4も軽くなっているそうです。もしかしたら厚さも薄くなっているかもしれません。

そのためボディ下部にウエイトが集中することでより低重心化され、泳ぎが安定すると共に飛行姿勢も安定し、更なる飛距離を叩き出すことを可能します。

また軽いカーボン製プレートのボディによってアクションレスポンスが向上し、ハイピッチなアクションを実現しています。ただし、デッドスローではあまり動かないそうです。

リーリングを開始した瞬間、リフトした瞬間から手元にはタイムラグなく、ブルブルブルといった振動を感じることができるかもしれません。

更に(恐らく)フォール中にスパイラルしたりしないため、メタルバイブレーションに付きものの針がラインを拾ってしまうということも少ないのだろうと思います。

カーボンバイブのカラー

カーボン製プレートを採用したからこその魅力はアクションだけでなくカラーにもあります。カーボン素材が魅せる、カーボン素材だからこその輝きです。

そんなカーボンバイブ期待のファーストカラーラインナップは12色。

イワシ
アピールイワシ
湾奥イワシ
ボラグロー
エビフラッシュ
ピンクキャンディ
湾奥カタクチ
オレキニワシ
チャートイワシ
ナーバスキャンディ
ポインズンイワシグロー
フルカーボン

個人的にはチャートイワシやナーバスキャンディあたりが気になるのですが、フルカーボンの格好良さは群を抜いていますねー。

カーボンバイブのスペック・価格・発売時期

製品名
カーボンバイブ
全長
65mm / 75mm
自重
18g / 26g
価格
1,320円

スペックに関しては分かり次第追記します。追記しました。

発売は2015年7月を予定しているようです。

価格と耐久性が気になりますが、楽しみなルアーがまたまた登場ですね。情報の追加と発売が待ち遠しい!

ヤマリア シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます