タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ショアラインシャイナーZ バーティス(120F/97F)の使い分けでシーバス攻略

ショアラインシャイナーZ バーティス(120F/97F)の使い分けでシーバス攻略
今回はDAIWA(ダイワ)のスタンダードミノー「SHORELINE SHINER-Z VERTICE 120F-SSR/120F/97F(ショアラインシャイナーZ バーティス 120F-SSR/120F/97F)」の使い分けを、実釣を交えながら解説してくれるシーバス動画を紹介します。

スポンサーリンク

ダイワ「ショアラインシャイナーZ バーティス 120F-SSR/120F/97F」の使い分けを実釣解説

ダイワが誇るシーバス用ミノー「ショアラインシャイナー」の系譜に連なるミノーとして、2015年に誕生した「ショアラインシャイナーZ バーティス」

頂点という意味を持つvertex(複数形vertices)の名を与えられたショアラインシャイナーZ バーティスは、ショアラインシャイナーシリーズの特徴である最長を叩き出す飛距離の遺伝子を受け継ぎながら、アクションでもカラーでも妥協なき頂点を目指したミノーです。


そんなショアラインシャイナーZ バーティスの使い分け、ローテーションを実釣解説してくれるのは、ダイワと2016年に契約を結んだばかりのフィールドモニター山内勝己さんです。

ショアラインシャイナーZ バーティス 120F-SSR


DAIWA : ショアラインシャイナーZ バーティス 120F-SSR

山内勝己さんがまずセレクトしたのは、2016年3月に発売になったばかりの「ショアラインシャイナー120F-SSR」。120mmサイズのフローティングタイプで、最大潜行深度が30cmとなるスーパーシャローランナー(SSR)です。

これはマッチザベイトを考えてのセレクトではなく、120mmというサイズとカラー(チャートバックパール)でシーバスに気づかせるためのセレクトだそうです。

製品名 ショアラインシャイナー120F-SSR
全長 120mm
自重 19g
タイプ フローティング
潜行深度 5~30cm
フック ST-46#5
価格 2,100~2,150円

ショアラインシャイナーZ バーティス 120F


DAIWA : ショアラインシャイナーZ バーティス 120F – Web site

次に山内勝己さんがセレクトしたのは「ショアラインシャイナーZ バーティス 120F」

表層を引いていてもベイトフィッシュに当たったり、バチが抜けていることもなく、シーバスからの反応もなかったため、120F-SSRよりも深いレンジ(約30~120cm)を探れる120Fをセレクト。

製品名 ショアラインシャイナーZ バーティス 120F
全長 120mm
自重 19g
タイプ フローティング
潜行深度 約30~120cm
フック ST-46#5
価格 2,100~2,150円

ショアラインシャイナーZ バーティス 97F


DAIWA : ショアラインシャイナーZ バーティス 97F

続いて山内勝己さんがセレクトしたのは「ショアラインシャイナーZ バーティス 97F」。全長97mmのフローティングタイプで、潜行深度が約30~80cmとなるモデル。

SSR、表層では反応がなかったが、レンジを下げたところベイトフィッシュに当たったため、ルアーのサイズ・シルエットを落とした97Fをセレクト。ベイトフィッシュに当たり、潮流の強弱の変化を感じた場所を重点的に攻めるとシーバスからの反応が返ってきました。

製品名 ショアラインシャイナーZ バーティス 97F
全長 97mm
自重 14.3g
タイプ スローフローティング
潜行深度 約30~80mm
フック ST-46 #4
価格 1,950~2,000円

山内勝己さんのタックル

ロッド モアザンAGS 93ML
リール イグジスト 2510PE-H
PEライン モアザン12ブレイド 0.8号
リーダー モアザンリーダー 16lb

皆さんもこの動画を参考にショアラインシャイナーZ バーティス他をローテーションしながら、シーバスを攻略してはいかがでしょうか?

ダイワ/DAIWA シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます