スピニングリール

17プレッソ リミテッド(LTD)が極限の性能を手に入れ、ダイワ最高峰リールを超える!

投稿日:

17プレッソ リミテッド(LTD)が極限の性能を手に入れ、ダイワ最高峰リールを超える!_001

今回はDAIWA(ダイワ)スピニングリールのフラッグシップモデル「15イグジスト」をある意味超える性能を手に入れた、エリアトラウト(管釣り)用スピニングリールのスペシャルワン「PRESSO LTD(17プレッソ リミテッド)」を紹介します。

スポンサーリンク

ダイワのエリア専用スピニングリールの最高峰「17プレッソ LTD(リミテッド)」

ダイワのエリアトラウト専用ブランド「PRESSO(プレッソ)」シリーズから、2017年待望の新発売を迎えるスピニングリール「17プレッソ リミテッド」。エリアトラウト専用のチューニングが施され、エリアトラウトを考えたラインナップが用意されたリミテッドモデルです。

「17ヴァンキッシュ FWチューン」――フレッシュウォーター専用のチューニングが施され、トラウト専用チューニングモデルと銘打たれたシマノのスピニングリール――の対抗馬になりそうなリールです。

しかし、17ヴァンキッシュ FWチューンがカラーリングにリミテッド感を出してきたのに対し、17プレッソ リミテッドは”ブラック(ガンメタ)×シルバー”のボディ、ローター、スプールに、プレッソのテーマカラーとも言える”オレンジ(ゴールド)を”差し色に使ったカラーを継承。特別感はありませんが、プレッソの名を冠したスピニングリールらしいカラーになっています。

それでは、17プレッソ リミテッドの特徴を17スティーズ タイプ1/タイプ2などと比較しながら見ていきましょう。

新型エアローター&マグシールドレス

ダイワが”全てのリールが過去になる”と豪語する防水・耐久テクノロジー「マグシールド」。使用後の簡単なメンテナンスとメーカーによるオーバーホールを定期的に受けることによって、初期状態を長く保つことを可能にし、今や、ダイワを代表するフラッグシップモデルからエントリーモデルにまで幅広く採用される技術となっています。

しかし便利になった一方で、(マグシールドによって)巻きが重くなっているという声も聞こえてきます。

エリアトラウトに求められる軽く滑らかな回転性能、感度を極限まで追求し、淡水での使用を前提としたエリアトラウト専用スピニングリール「17プレッソ リミテッド」は、あえてそのマグシールドを採用しないこと――マグシールドレスを選択。

更に「17プレッソ リミテッド」は、グリスではなくオイル仕様のボールベアリングをセレクト。もしかしたら、淡水専用機として割り切った「17スティーズ タイプ1/タイプ2」のように、防水パッキンすら排除している可能性もあるかもしれません。

加えて、剛性は維持しながら更なる軽量化を成し遂げ、更なる回転性能の向上と優れた感度を実現するZAION(ザイオン)製の「エアローター」を搭載。

※公式ページでは16セルテートなどに採用されている最新型ローター「NEW ZAION製エアローター」とは記載されていませんが、恐らく新型エアローターではないかと思われます。が、違うかもしれません。

「17プレッソ リミテッド」はそんなマグシールドレスの選択、オイルボールベアリング、新型エアローターなどによって、ハンドルを回した直後から起動するような巻き始めの軽さやリーリング中の軽さ、流れの変化やルアーの変化などを捉えることができる感度を手に入れたスピニングリールになっているようです。

新形状のチタンリング&ATD

エリアトラウト専用スピニングリールのフラッグシップモデルとなる「17プレッソ リミテッド」。細いラインでも安心して釣りが楽しめるような装備を身に纏っています。

1つが14プレッソにも採用されていた「ATD(オートマチックドラグシステム)」と呼ばれるドラグシステムです。17プレッソ リミテッドに採用されているATDは、ダイワが「ダイワ史上最高のフィネスドラグ」と呼ぶフィネス仕様のATD。極細ラインでも安心してやり取りを楽しむことができることでしょう。

もう1つが新たにスプールに採用されたらしい「新形状のチタンリング」です。17プレッソ リミテッドが初採用となるのかはわかりませんが、新形状チタンリングは細いラインの放出性能の向上を考えたスプールリングであり、飛距離が期待できるようです。

ラインナップ

17プレッソ リミテッドのファーストラインナップは2機種。

  • 17プレッソ リミテッド 1025
  • 17プレッソ リミテッド 2025C

1000番クラスの軽量なボディ、ローター、スプールを採用した”17プレッソ リミテッド 1025”と、末尾”C”が体を表すコンパクトボディ仕様の”17プレッソ リミテッド 2025C”の2機種。共にノーマルギア(4.8)仕様になっています。

そして、17プレッソ リミテッドのために作られたと思われる新設計の35mmショートハンドルを装備し、より繊細なリーリング、操作を可能にするであろうモデルになっています。

ちなみに、同じようにZAION製ボディ、ZAION製エアローター、そしてマグシールドレス&オイルボールベアリングを採用し、超軽量・高感度・トラブルレスを追求した「17スティーズ タイプ1/タイプ2」はハイギア(5.6)仕様でした。

製品名 17プレッソLTD 1025 17プレッソLTD 2025C 17スティーズ タイプ1 17スティーズ タイプ2
ギア比 4.8 4.8 5.6 5.6
巻取長 60cm 64cm 74cm 64cm
糸巻量 2.5lb-100m 2.5lb-100m 2.5lb-100m 4lb-100m
ハンドル長 35mm 35mm 45mm 50mm

そんな17プレッソ リミテッドに対して、ノーマルギアとハイギアの2機種を用意した「17ヴァンキッシュ FWチューン」は、45mmハンドルを採用し、更なる回転の軽さを追求しているようです。

ダイワ最軽量スピニングリール

17プレッソ リミテッドが軽いのはハンドルを回したときだけではありません。リール自体も超軽量!

製品名 17プレッソLTD 1025 17プレッソLTD 2025C
自重 155g 160g

17プレッソLTD 1025が155g、2025Cが160g!これは現行のダイワスピニングリール最軽量となる数字です!

製品名 17プレッソLTD 1025 15イグジスト 1025 17月下美人EX 1003 15ルビアス 1003 14プレッソ 1025
自重 155g 165g 165g 175g 170g

フラッグシップモデルとなる15イグジストよりも10gも軽い!

更にこの数字は、シマノのトラウト専用チューニングモデルとされる「17ヴァンキッシュ FWチューン」と比べても……

製品名 17プレッソLTD 1025 17ヴァンキッシュFW 1000S 16ヴァンキッシュ 1000PGS
自重 155g 160g 155g

軽い!ただ、16ヴァンキッシュとは同じ重さになっています。

17プレッソ LTD(リミテッド)のスペック・発売日

品番 ギア比 自重 最大ドラグ力 巻取長 糸巻量 ベアリング 価格
1025 4.8 155g 2kg 60cm 2.5lb-100m,3lb-90m 12/1 50,000円
2025C 4.8 160g 3kg 64cm 2.5lb-100m,3lb-90m 12/1 50,000円

現時点では公式サイトに”淡水専用”とも”ソルト対応”とも表記されていませんが、17スティーズ タイプ1/タイプ2と同じく淡水専用機になるのではないかと思われる「17プレッソ リミテッド」。

17プレッソ LTD(リミテッド)の発売日は2017年9月頃を予定しているようです。

スピニングリール
, , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved.