バス釣り用ルアー

グリンチは巻きに特化したフロッグ!ジャッカル発の使い方も簡単な新機軸

更新日:

グリンチは巻きに特化したフロッグ!ジャッカル発の使い方も簡単な新機軸_001

山中慎介選手、非常に残念な結果に終わってしまいました……。結果論ですが、足は動いていなかったし、4Rは距離感も良くなかったですね。あと1Rから気負いすぎてる気も。今後どうするのかわかりませんが、続けるのならば海外や1つ上の階級で見てみたいなと思います。こんばんは。

今回は今の時期楽しい水面の釣りをもっと手軽に面白くしてくれそうなJackall(ジャッカル)発のNEWフロッグ「GRINCH(グリンチ)」を、使い方やアクションがわかる実釣解説動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

ジャッカル「グリンチ」は巻きに特化したNEWフロッグ

一見、スイムベイトやシャッドテールワームのようにすら見える――ベイトフィッシュライクな形状をしたジャッカル発の巻きに特化したNEWフロッグ「グリンチ」

”巻いて使う”ことを考えて開発された「グリンチ」は、従来のフロッグと同じように中空ボディにダブルフックを装備していることに加えて、

jackall_grinch_003
なんとテールに”ワーム素材のシャッドテール”を装備したハイブリッドフロッグとなっています。

そのためグリンチは、従来のフロッグのようにロッド操作によって首を振らせたりなどのアクションを付けるのではなく、付ける必要はなく、ただ巻くだけでシャッドテールが水をかき、ボディを震わせ、水飛沫を飛ばし、サウンドを発生させ、バスのバイトを誘発してくれるようです。フロッグを上手く動かせないという方や苦手な方でも使えそうですね。

また、グリンチはシャッドテールワームのように巻き続けなくとも水に浮くので、ストップ&ゴーのように止めて誘うことも可能です。

サイズは全長135mm、自重20g

グリンチの十分なウエイトとベイトフィッシュライクな細長いシルエットは、飛距離を出すと共にスキッピングもやりやすいのではないかと思います。ただ、長いボディというかテールはフッキングを妨げないのかなという心配もあったり。

テールは交換可能

jackall_grinch_002
ワーム素材のテール――シャッドテールを装備しているグリンチ。やはり、心配なのはテールが千切れてしまったときではないでしょうか。

しかし、ご安心ください。グリンチは「テールロックシステム」なるものを採用しており、シャッドテールは交換可能。壊れたときに備えて1つ予備のテールが付属しているようです。もしかしたら今後交換用のテール単体の販売もあるかもしれません。

そのときは公式ページに書かれているように、パッケージのものとは別のカラーのテールを取り付けたりと自分だけの……というと大袈裟ですが、自分好みのカスタムグリンチを作ることもできることでしょう。

それでは、グリンチの特徴や使い方を実釣解説してくれる動画を見てみましょう。

グリンチの使い方を実釣解説


巻いて使うことに特化したフロッグ「グリンチ」の特徴や使い方を、トランポ水野こと水野浩聡プロと片岡壮士プロが実釣を交えながら解説してくれる動画です。

グリンチを買ったけれどいまいち使い方がわからない、釣果が上がらないという方や、興味がある方は動画を参考にされていかがでしょうか?

グリンチのカラー

グリンチのファーストカラーラインナップは選べる12色。

  • クリアーステルスボーン
  • ゴーストワカサギシャッド
  • ゴールドフラッシュギル
  • ダークサンダークリアーシルバー
  • チャートストライクギル
  • チャートバックブルーギル
  • ピンクバックパールボーン
  • ブラックシャッド
  • ブルーバックチャートシャッド
  • ホワイトシャッド

個人的にはチャートストライクギル、ホワイトシャッドあたりが欲しいですね。

グリンチのスペック・発売日

製品名 グリンチ
全長 135mm
自重 20g
価格 1,650円

ジャッカルのNEWフロッグ「グリンチ」の発売日は2017年8月下旬頃を予定しているようです。

フロッグ譲りのカバーに対する強さとシャッドテールワームのアピール力を備え、巻いて使うフロッグ「グリンチ」で、熱い熱いサーフェスゲームを楽しんではいかがでしょうか?

バス釣り用ルアー
,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.