ベイトリール

シマノ「17スコーピオンBFS」でベイトフィネスを始めよう!アルファスAIRと比較!

投稿日:

shimano_17scorpion_bfs_002

今回はこれからベイトフィネスを始めたいという方にもオススメの2017年最新ベイトフィネス対応リール――SHIMANO(シマノ)「Scorpion BFS /BFS XG(17スコーピオンBFS / BFS XG)」を紹介します。

スポンサーリンク

シマノ「17スコーピオンBFS/BFS XG」

shimano_17scorpion_bfs_001
シマノのバスフィッシングを代表するスコーピオンブランドから、初のベイトフィネス対応リールとしてデビューする「17スコーピオンBFS/BFS XG」

上位機種となる「16アルデバランBFS/BFS XG」と「17カルカッタコンクエストBFS HG」よりも約1~2万円ほど安い価格設定ながら、上位機種と同じ、シマノベイトフィネスの夜明けとも言える新しいブレーキシステム「FTB(フィネスチューンブレーキシステム)」を採用。

ベイトフィネス、FTBの核となるスプールも上位機種と同じ32mmスプール。重さはわかりませんが、超々ジュラルミン製の軽量なBFSスプールではないでしょうか。

また、17スコーピオンBFS/BFS XGは最初からエクストラハイギア(ギア比:8.2、巻取長:82cm)ノーマルギア(ギア比:6.3、巻取長:63cm)が用意されており、ベイトフィネスプラッギングを楽しみたいという方も安心のラインナップとなっています。

カラーは17スコーピオンBFS/BFS XGもまた、16スコーピオン70/71、スコーピオンDCと同じように、スコーピオンを象徴するカラー(ワインレッド)ではなく、しかし16スコーピオン70/71、スコーピオンDCとは異なるカラーが採用されています。

そのカラーはページトップの画像だとブロンズっぽく見えるのですが、FTBの解説画像だとシルバーになっており、実物を見てみないと……。

17スコーピオンBFSとアルファスAIRのスペックを比較

ベイトフィネス入門機として活躍してくれそうな「17スコーピオンBFS/BFS XG」。同じくベイトフィネス入門機として、コスパに優れたベイトフィネス対応リールとして人気を博しているダイワの「アルファスAIR(エア)」とスペックを比較しながら見ていきましょう。

17スコーピオンBFS/BFS XGとアルファスAIRのスプールとブレーキシステムは共に上位機種と同じものが恐らく採用されています。

17スコーピオンBFS/BFS XGは超々ジュラルミン製BFSスプール(32mm)(不確定)FTB。アルファスAIRは超々ジュラルミンの約1.3倍の強度を持つというG1ジュラルミン製スプール(32mm)エアブレーキシステム

糸巻量(フロロ)は17スコーピオンBFS/BFS XGが8lb-45m。アルファスAIRが8lb-50m

製品名 17スコーピオンBFS / BFS XG アルファスAIR
ギア比 6.3 / 8.2 5.8 / 7.2
最大巻取長 63cm / 82cm 58cm / 71cm

ギア比は両機種とも2種類ずつ。17スコーピオンBFS/BFS XGがエクストラハイギア(ギア比:8.2)ノーマルギア(ギア比:6.3)であるのに対して、アルファスAIRはノーマルギア(ギア比:5.8)とダイワ表記で言うところのスーパーハイギア(ギア比:7.2)となっています。

ボディは共に金属ボディ。アルファスAIRが高強度アルミ製のスーパーメタルフレーム。17スコーピオンBFS/BFS XGは金属ボディのHAGANEボディとしか現時点では判明していません。

しかしながら、スコーピオンシリーズがハードユースにも耐えられる高い剛性と耐久性も魅力の1つであることを考えると、これまで通りアルミニウム製フレームのHAGANEボディ(サイドプレートは高強度樹脂)なのかなと思います。

自重はアルファスAIRが165gとベイトフィネス対応リールらしい軽量リールであるのに対して、17スコーピオンBFS/BFS XGは……現時点では不明です。ただ、17スコーピオンBFS/BFS XGと同じサイズになるであろう16スコーピオン70/71の自重が190gであることを考えると、アルファスAIRに並ぶほど軽量なリールではないと思われます。

製品名 17スコーピオンBFS / BFS XG 16アルファスAIR
ハンドル長 84mm 80mm
ベアリング 7/1 6/1
価格 35,000円 37,000円
  • X-SHIP
  • S3Dスプール
  • エキサイティングドラグサウンド
  • スーパーフリースプール
  • ソルト対応

ハンドルは17スコーピオンBFS/BFS XGの方が少し長い84mm(シマノ表記で42mm)。ボールベアリングも17スコーピオンBFS/BFS XGの方が1つ多い7個となっています。

ただ、価格は17スコーピオンBFS/BFS XGの方が2,000円ほど安い35,000円(予定)となっています。

17スコーピオンBFS/BFS XGのスペック・発売日

製品名 ギア比 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 巻取長(cm) 糸巻量(lb-m) ベアリング 価格(円)
スコーピオンBFS(左右) 6.3 3.5 63 8-45 7/1 35,000
スコーピオンBFS XG(左右) 8.2 3.5 82 8-45 7/1 35,000

17スコーピオンBFSの発売日は右巻き、左巻き、ノーマルギア、エクストラハイギア問わず、全て2017年5月を予定しているようです。

ベイトフィネス最初の1台として導入してはいかがでしょうか?

ベイトリール
, ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved.