トーナメント

JB TOP50 第1戦 予選2日目結果、最終日に進んだのは誰だ!?

更新日:

JB TOP50第1戦ゲーリーインターナショナルCUP in 早明浦ダム 予選2日目が終了しました。

予選2日目の結果

  • JB TOP50 第1戦 予選2日目結果

予選2日目トップウエイトを叩き出したのは、初日1匹758gで51位と大きく出遅れた小池貴幸プロ。2位は初日4375gで13位と上位に付けていた五十嵐誠プロ。3位には昨年の早明浦ダム戦を制した山岡計文プロ、4位に初日10位の福島健プロ、5位には初日4位の澳原潤プロ、6位に初日3位の市村直之プロ。初日トップの青木大介プロは8位、小森嗣彦プロが14位、馬淵利治プロが16位。初日40位と出遅れた昨年度年間3位でJBエリート5覇者の野村俊介プロは2日目も振るわず32位、初日32位の今江克隆プロはこの日1匹590gで52位と終戦。

最終日に進出した30名がこちら

  • JB TOP50 第1戦 予選2日目2
  • JB TOP50 第1戦 予選2日目3

両日1桁順位で終えた澳原プロ、市村プロ、青木プロがトップ3。続いて五十嵐プロ、福島プロ、薮田プロ(両日1桁順位)らも安定したスコアを残しトップ3に肉薄。早明浦ダム戦連覇のかかる山岡プロが16位、初日1匹758gで大きく出遅れながら2日目トップウエイトで巻き返しを図る小池プロが22位。昨年度全戦予選落ち年間ランキング53位で終えた田渕秀明プロが18位、2011年JB TOP50第3戦東レ・ソラロームCUP旧吉野川以来の予選突破。
2012年間ランキング3位の野村プロが37位、同じくランキング5位の今江プロが46位で予選落ち。

連日5kgオーバーが出るハイウエイト戦となっていますが、雨が最終日にどのような影響を与えるのか?JB TOP50初戦を制するのは誰なのか?神のみぞ知る。

トーナメント
, ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2018 All Rights Reserved.