トーナメント

大森貴洋、清水盛三、宮崎友輔らバスマスタークラシック出場権獲得

更新日:

2013年B.A.S.S Eliteシリーズ 第8戦 Lake St. Clair/Detroit River――大森貴洋プロが4位、桐山孝太郎プロが6位、清水盛三プロが7位、宮崎友輔プロが15位と日本人選手が好成績を残し終了しました。その結果、年間ポイントランキングで宮崎友輔プロが22位、大森貴洋プロが27位、清水盛三プロが31位となり、見事バスマスタークラシック出場権を獲得しました。

アングラーオブザイヤーは日本でもお馴染みの――

Toyota Bassmaster Angler of the Yearは日本でもお馴染みのメガバス契約プロのAaron Martensが獲得。帝王Kevin VanDamが3位、ダイワ契約プロのIsh Monroeが11位、2013バスマスタークラシック覇者Cliff Paceが12位、日本のフィッシングショーでも愛想良く振る舞ってくれるSkeet Reeseが18位、帝王の甥Jonathon VanDamが23位、そして34位に2012バスマスタークラシック覇者Chris Lane、その兄Bobby Laneは4位となっています。

オ~サカ~ジャパ~ン

私はあのCMが流れる度に、いつまで2011年のバスマスタークラシック出場時の映像使い続けるつもりなんだ?と思っていました。なので、清水盛三プロが2014年開催のバスマスタークラシック出場権を獲得したことをうれしく思っています。また2014年バスマスタークラシックの開催場所となるLake Guntersvilleは、清水盛三プロを育ててくれた場所であり、準優勝した経験のある思い出の場所。今年のフィッシングショーでもぜひ出場したいと話されていました。そして自らの手でその権利を掴み取りました。心からおめでとうございますと言いたいと思います。

清水盛三プロ、宮崎友輔プロはバスマスタークラシック初制覇、大森貴洋プロには2度目の制覇を成し遂げてもらいたいなと思います。

トーナメント
, , , , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2018 All Rights Reserved.