ライン

キャリアハイ6が選んだ6本撚りPEラインという選択肢!サンライン発のシーバス用ライン

投稿日:

今回はキャリア最高の記録魚や記憶に残る魚を狙うアングラー達に送るシーバス用PEライン――SUNLINE(サンライン)「Career High6(キャリアハイ6)」を紹介します。

スポンサーリンク

サンライン発の6本撚りPEライン「キャリアハイ6」

現在、ルアーゲームで主流となっているPEライン、多くのアングラーが使用しているPEラインといえば、「4本撚りPEライン」もしくは「8本撚りPEライン」ではないでしょうか?最近は12本なんて化け物じみたPEラインも出てきていますが。

今回紹介するサンラインの最新PEライン――サンラインのテスターを務めるランカーハンター濱本国彦さんプロデュースのシーバス用PEライン「キャリアハイ6」は、そんなスタンダードな4本撚りでもなければ8本撚りでもありません。もちろん、12本でも3本でもありません。

キャリアハイ6はその名前――末尾の数字”6”が示すように「6本撚りのPEライン」。4本撚りと8本撚りの特性を併せ持つPEラインができれば、アングラーは更に釣りに集中できるはず。そんな想いから生まれたPEラインです。

キャリアハイ6は4本撚りと8本撚りの良いとこ取り?

対ランカーを想定して選ばれたHG-PE(ハイグレードPE)に、サンラインが誇るSSP(スムースサーフェイスプロセッシング)※加工が施された「キャリアハイ6」。

真円性が高く非常に滑らかな表面を持つ8本撚りのようなキャスタビリティーとキャストフィールを備えながら、8本撚りよりも2本少ないこととSSPの採用によって、水切れが良く、キャストを繰り返す、使い続けることによって起こるキャスト性能の低下を抑制。

また、4本撚りよりも滑らかで糸鳴りも少ないラインながら、あえて適度なザラツキ感を残すことよって、操作性を向上させているそうです。

そして、キャリアハイ6は遠投性能が求められる大規模フィールドでも、キャストアキュラシーが求められる小場所やピン、テクニカルな釣りにも使えるPEラインになっているのだそうです。

※スムースサーフェイスプロセッシング
PEラインの表面をよりスムーズに仕上げた特殊な加工技術。表面が滑らかで繊維の毛羽立ちを抑え、真円に近い構造に仕上げています。

それでは、キャリアハイ6と挑むシーバス動画を見てみましょう。

サンライン「キャリアハイ6」で楽しむシーバスゲーム


キャリアハイ6をプロデュースするサンラインテスター濱本国彦さん自身が、キャリアハイ6の特徴・性能を実釣解説してくれる動画です。


こちらは上の動画の後編となります。

キャリアハイ6のスペック

号数 LB 直強力(kg)MAX 長さ
0.8 12 5.6 170m
1 16 7.5 170m
1.2 20 8.8 170m
1.5 25 10 170m
1.7 30 13.5 170m
2 35 14.5 170m

カラーはナイトゲームでの視認性も考えた「シャンパンゴールド」(1色展開)。長さは150m巻きでは少し心許ないよねって場合を考えての「170m巻き」(のみ)。

また、ランカーハンター濱本国彦さんプロデュースのPEラインだけあり、シーバス用としては細い番手となる0.6号はラインナップされておらず、逆に1.5号と2号の間を埋める「1.7号」という珍しい号数がラインナップに加わっています。

キャリア最高の1匹との出会いのために、スピニングタックルはもちろん、ベイトタックルでシーバスゲームを楽しんでいるアングラーも、ランカーハンター濱本国彦テスターが送る「キャリアハイ6」を選んでみてはいかがでしょうか?

ライン
,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved.