バス釣り用ルアー

ラストエース168の動きにバス狂う!使い方を実釣解説!重さ・フックまとめ

更新日:

ブラックバスを釣るために、トーナメントで勝つために必要なものであれば、ロッドであれ、ルアーであれ、自らの手で作ってしまうほど、道具に対する強い拘りを持っているトーナメンター「福島健(ふくしまけん)プロ」

今回はそんなトップトーナメンター福島健プロのシークレット的スイムベイト――EVERGREEN FACT(エバーグリーン ファクト)「Last Ace168(ラストエース168)」を、使い方や水中アクションがわかる動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

エバーグリーン「ラストエース168」

ラストエース168の動きにバス狂う!使い方を実釣解説!重さ・フックまとめ_003
福島健プロが手掛けるエバーグリーンのブランド”FACT(ファクト)”ブランドから、初のスイムベイトとしてデビューとなる「ラストエース168」

福島健プロにとって”釣れないときの切り札”的ルアーだった「ラストエース75」譲りのベイトフィッシュライクなリアルなシルエットに、ベイトフィッシュライクなアクション、そしてラストエース75が持たなかった全長168mmというサイズだからこその存在感を放つスイムベイトです。

そんなラストエース168は、オフセットフックやマス針を合わせる「ラストエース75」とは違い、ボディ内部にワイヤーが通っているスイムベイトとも違う、ラインスルー(インライン)構造を採用。


それによってラストエース168は、特徴の1つである”168mmの長いボディ”がワイヤー等の何かに制限されることがなく、(ボディの)動きの自由が高いスイムベイトになっています。

そしてラストエース168は、使い手であるアングラー自らがトゥイッチ&ジャークやリーリングの変化などで息吹を吹き込むことによって、巻くことがメインのスイムベイトとは違ったベイトフィッシュライクなアクション――ベイトフィッシュが慌てふためき逃げ惑うようなアクションや弱ったベイトフィッシュの緩慢な動きなど――を演出することを可能にしています。

つまり、ラストエース168はコンセプト通りの「操作できるスイムベイト」になっているのです。

サイズは全長168mm、自重26.5g

製品名 ラストエース168 ラストエース75
全長 168mm 75mm
自重 26.5g 不明

M(ミディアム)パワークラスのロッドなら普通に扱えそうなサイズであり、長さはあるものの細身のシルエットですので、フィールドを問わず活躍出来そうなサイズです。

それでは、思わずバスがバイトしてしまう威力を持つラストエース168の使い方、そのアクションを動画で確認してみましょう。

ラストエース168に思わずバスも狂う!使い方・特徴を実釣解説


注目のスイムベイト「ラストエース168」のバスを狂わせるという水中アクションが確認できる動画です。


こちらはラストエース168の生みの親である福島健プロ自身が、実釣を交えながらラストエース168の使い方、その特徴を解説してくれる動画です。

ラストエース168が気になっている方、購入したけれどいまいち使い方がわからないという方など、これらの動画を参考にしてはいかがでしょうか?

フックサイズとフックセッティング

ヘッド部に内蔵されているパイプ――通称ラインスルーシステムパイプの中にラインを通し、トレブルフック(トレブルフックに付いているスプリットリング)にラインを結ぶ「ラインスルー(インライン)構造」を採用しているラストエース168。

ラインアイにラインを結ぶ、もしくはスナップを取り付けるタイプのスイムベイトに比べるとやや面倒ですが、パイプを通すことによって破損を軽減し、耐久性の向上に寄与しているそうです。また、ラインスルー構造はバラシの軽減にも効果を発揮。

ただ、実釣シーンを見るとバスを抜き上げた後、ラストエース168がプチーンと飛んでいっているように見えます(笑)まー同じラストエース168で何匹も釣った後なのかもしれませんし、ラインスルーシステムパイプを採用する前のプロトの可能性もありますが。

標準装備となるトレブルフック・フックサイズはエバーグリーンの「EGトレブルフック #2」となります。

ラストエース168のカラー

ラストエース168のファーストカラーラインナップは7色。リアルなシルエット、バスもアングラーも魅入ってしまうようなアクションを演出できるラストエース168は、カラーもまたリアル系カラーが目立つラインナップになっています。

  • #14:アユ
  • #54:スケルトンチャート
  • #55:オイカワ
  • #57:トリックシャッド
  • #76:バス
  • #77:ケタバス
  • #:オチアユ

7色のうち赤文字の3色は、ラストエース75にはラインナップされていないラストエース168だけのカラーとなります。

個人的には視認性の高そうなスケルトンチャートに、トリックシャッド、オチアユあたりを選びたいですね。

ラストエース168のスペック・発売日

製品名 ラストエース168
全長 168mm
自重 26.5g
タイプ シンキング?
フックサイズ トレブルフック(EGトレブルマジック)#2
リング #3
価格 1,400円

エバーグリーン「ラストエース168」の発売日は2017年11月頃を予定しているようです。

釣ってなんぼ、釣り勝つことこそが自らの存在意義であるトーナメンター福島健プロがプロデュースするシークレット・スイムベイト「ラストエース168」で、難攻不落のビッグバスを狙ってみてはいかがでしょうか?

バス釣り用ルアー
,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved.