バス釣り用ルアー

ギズモの性能と価格が半端ない!さすがエバーグリーンの虫系ルアー

投稿日:

evergreen_gizmo_002

ボクシングの元世界スーパーフェザー級王者2人――三浦隆司選手と内山高志選手が共に引退を表明しました。ファンとしてはまだまだ試合が見たかったですが、引退してからの人生の方が長いですからね……。第2の人生も応援しています。こんばんは。

今回は”浮くスモラバ”という珍しいコンセプトを持つリアルシルエットの虫系ルアー――EVERGREEN(エバーグリーン)「FACT GIZMO(ギズモ)」を、使い方がわかる実釣解説動画と共に紹介します!

スポンサーリンク

エバーグリーン ファクト発の虫系ルアー「ギズモ」

ギズモの性能と価格が半端ない!さすがエバーグリーンの虫系ルアー_001
エバーグリーンのファクトブランド初の虫系ルアーとして新発売となる「ギズモ」。使う道具には徹底的に拘り、必要とあらば自らロッドもルアーも作ってしまう拘りの人”福島健プロ”プロデュースのルアーです。

ギズモは蜂(ハチ)をイメージしたという虫系ルアーで、蜂ライクなヘッドとボディ(大きなテール)に、1対のアーム(フロントアーム)、中空のシリコンラバー、モノガード、そしてウエイト付きのフック?を標準装備。

evergreen_gizmo_003
後方重心かつ絶妙な浮力が与えられたリアルシルエットのボディ、フロントアーム、中空のシリコンラバーは移動距離を抑えた1点でのシェイクを可能にし、まるで水面に落ちてしまった虫がもがいているかのような波動と波紋を演出。

また、アングラーが意図的に動かさずとも、水面に放置しておくだけでバイトを誘発してくれることもあるそうです。

更にギズモはモノガードを装備しているため、木の枝などにラインをもたせて誘う”ちょうちん釣り”も安心して行うことができるようです。ただ、キャスト精度が大事な釣り方ですので、ガードが付いているからと過信せず慎重に!

ちなみに、ギズモの優れた性能は既に高いプレッシャーが掛かるトーナメントの場で証明済み!2017年シーズンのJB TOP50 第2戦 弥栄ダムで、福島健プロが6位入賞を果たす原動力となっています。

また、福島健プロは過去にも虫系ルアー、虫パターンが必勝パターンとなったJB TOP50戦で、シークレットな自作の虫系ルアーを使用し、上位入賞を果たしています。もしかしたら、そのとき使用していた虫系ルアーも”ギズモ”(の原型となるルアー)だった可能性もある、かもしれません。ないかもしれません(笑)

ギズモはフック付きだけど1個入り!

ギズモの性能と価格が半端ない!さすがエバーグリーンの虫系ルアー_004
リアルシルエットのギズモの中には、福島健プロの様々な拘りが詰まっているだけでなく、なんとオリジナル設計だという”フック”が標準装備されています。

エラストマー製のワームってフックセットが難しいものもあったりするんですが、ギズモはフックセットが苦手な人でもパッケージから出せばすぐに使える至れり尽くせりな仕様です!

ただ、それだけ手が掛かっているからなのか、ギズモの価格は1,100円(税別)。そして……

製品名 ギズモ オリカネ虫 活蝉
全長 40mm 34mm 40mm
自重 3.0g 2.8g 3.4g
入数 1 3(ヘッド1) 2
価格 1,100円 920円 1,100円

まさかの1個入り!

しかしながら、上述したようにギズモはエラストマー製であるため、耐久性が高く、1匹釣ったら終わりという悲劇的なことはないそうです?

それでは、ギズモのアクションや特徴を実釣解説してくれる動画を見てみましょう。

ギズモの特徴・使い方を実釣解説


ギズモをプロデュースする福島健プロ自身が、ギズモの特徴や使い方を解説してくれる動画です。

使い方

ギズモに限らず虫系ルアーの使い方で大事なのは、「動かすときは動かす、止めるときは止める」ことです。

シェイクにバスが反応にして寄ってきたならば動かし続ける。止めているとバスが反応して寄ってきたなばら徹底的に止める。これが大事です。ただし、見切られそうになったときにアクションに変化を付けるのは良いでしょう。

ただ、ギズモは”浮いているスモラバ”というコンセプトを持つルアーですので、スモラバが得意な人はスモラバだと思って使うとイメージが掴みやすい、良い釣果に繋がる、かもしれません。


こちらは福島健プロによるギズモの実釣動画です。

黄色と黒の組み合わせは、自然界では”警戒色”なんて言われていますけど、全然関係ありませんね(笑)

ギズモを買ったけれど釣れない、使い方がわからないという方、興味がある方は2つの動画を参考にされてはいかがでしょうか?

ギズモのカラー

ギズモのファーストカラーラインナップは6色。

  • #01:パールホワイト
  • #02:ソリッドブラック
  • #03:グリーンパンプキン
  • #04:バッタ
  • #05:カナブン
  • #06:スズメバチ

個人的には視認性の高そうなパールホワイト、バッタ、スズメバチあたりが欲しいですね。

エバーグリーン「ギズモ」のスペック・発売日

製品名 ギズモ
全長 40mm
自重 3.0g
タイプ フローティング
入数 1?
価格 1,100円

エバーグリーン ファクトブランド初の虫系ルアー「ギズモ」の発売日は2017年7月下旬頃を予定しているようです。取り扱いショップに続々入荷中のようです。

福島健プロの拘りが詰まった「ギズモ」で、虫パターンを攻略してはいかがでしょうか?

バス釣り用ルアー
,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved.